実業之日本社文庫<br> 吸血鬼の原罪―天久鷹央の事件カルテ

個数:
電子版価格
¥847
  • 電書あり

実業之日本社文庫
吸血鬼の原罪―天久鷹央の事件カルテ

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2024年04月18日 10時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408558349
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

200万部突破の大人気シリーズ、最新傑作!

二つの傷跡。抜かれた血液。
犯人は……吸血鬼?

東久留米市の公園。荒川の河川敷。
そして、東京湾の沿岸。
三つの場所で相次いで見つかった遺体。
被害者はいずれも首すじに二つの傷跡があり、
ほぼすべての血液が抜き取られていた……。
まるで「吸血鬼」が起こしたかのような連続殺人。
捜査一課の桜井公康から内々に相談を受けた
天才医師・天久鷹央は、事件解明に動き出す。
現役医師による本格医療ミステリー、書き下ろし最新作!

〈目次〉
プロローグ
第一章 吸血鬼連続殺人事件
第二章 水晶の吸血鬼
第三章 血に溶けた罪
エピローグ

内容説明

東久留米市の公園。荒川の河川敷。そして、東京湾の沿岸。三つの場所で相次いで見つかった遺体。被害者はいずれも首すじに二つの傷跡があり、ほぼすべての血液が抜き取られていた…。まるで「吸血鬼」が起こしたかのような連続殺人。捜査一課の桜井公康から内々に相談を受けた天才医師・天久鷹央は、事件解明に動き出す。現役医師による本格医療ミステリー、書き下ろし最新作!

著者等紹介

知念実希人[チネンミキト]
1978年、沖縄県生まれ。東京都在住。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。2011年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を『レゾン・デートル』で受賞。12年、同作を改題、『誰がための刃』で作家デビュー(19年『レゾンデートル』として文庫化)。15年『仮面病棟』が啓文堂文庫大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真理そら

93
技能研修生の実態はここまでひどくはないとは思うが、双方が「研修生」という言葉の意味を見失っている現実はあるだろう。そういう場合にNGOは受け皿として機能できるのだろうかと思ったり、いわゆる貧困ビジネスに流れがちな受け皿について考え込んだり、なんとなく社会派ミステリーのような気分で読み進んだ。今回もびっくりするような病気が登場したが、舞ちゃんの活躍が少なくて寂しかった。鷹央センセが小鳥遊クン以外の相手にはずいぶん人間らしくなってきた。小鳥遊クンにも幸せを!2023/10/08

aoringo

84
見つかった変死体は全身の血が抜かれていた。その側には吸血鬼の姿が...!犯人が何らかの珍しい疾患を持っているのはいつものことなので、自力で推理するのは早々にパス。映像化はまだなのかな?2023/11/09

さっちゃん

56
版元移籍後初の書き下ろし長編。体内の血液が抜き取られ、首筋に2つの穴がある死体が相次いで見つかる。まるで吸血鬼の仕業のような事件。謎の解明を桜井から依頼された統括診断部のメンバーが事件を調べ始めると…。/一般人に馴染みのない疾患と、最近よく他の作品にも取り上げられる社会問題を絡めた一冊。鷹央が人間的に成長したのか(もしくは版元が変わったからなのか)、以前にも増して人としての優しさが見えた。三人のテンポの良い会話と小鳥遊の不憫さは相変わらずで、安心して読める大好きなシリーズ。次作も楽しみ!2023/10/30

hiro

53
このシリーズの新刊を読むのは1年半ぶり。『吸血鬼の原罪』から版元が変わったが全体ではもう14巻目。この14巻では、血液をほぼ抜かれるという吸血鬼が犯人?のような連続殺人事件が起こるが、そんな不気味な事件に立ち向かうタカタカコンビのいつもの夫婦漫才ようなの会話がこのシリーズのお楽しみの一つだ(最近は舞を含めたトリオ漫才だが)。もちろん最大のお楽しみは、鷹央先生の推理。今回も犯人は吸血鬼としか考えられないような状況で、最後まで気の抜けない展開だったが、鷹央先生の医学の知識によって納得できる結果が待っていた。2024/03/16

Nyah

53
三箇所で見つかった遺体。いずれも首筋に二つの傷痕があり、血液が失われていた。そしてタトゥー。「吸血鬼」が起こした連続殺人なのか?天久鷹央が動き出す。‥鷹央の言動が成長した?と思うところあり、嬉しく思うのと、さすがなんて博学って思うところあり。小鳥先生のフォローもあり暴走を何とか制御(しきれてない)。今回も楽しく読みました。2023/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21523908
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。