実業之日本社文庫<br> 水族館ガール〈8〉

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

実業之日本社文庫
水族館ガール〈8〉

  • ウェブストアに56冊在庫がございます。(2021年09月22日 07時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408556741
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

いつまでも一緒にいたい!

水族館と二人の結婚に危機!?



結婚を決めた由香と梶だが、二人の前には親のハードルが待ち構えていた。

淡水魚やホタルなど絶滅危惧種保護問題に直面しつつ梶の実家へと向かうが、

そこでは意外な真実が明かされ……。

一方アクアパークではイルカの赤ちゃんに歯が生え始め、

名付け問題と離乳トレーニングに取り組むさなかパークの存続危機が…

感涙のいきもの&お仕事小説!



イルカを ホタルを あの人を守りたい!

子どもも大人も超感動のいきもの&お仕事小説!

シリーズ累計48万部

国語の教科書(教育出版『伝え合う言葉 中学国語2』)で「水族館ガール」が紹介されました。

内容説明

結婚を決めた由香と梶だが、二人の前には親のハードルが待ち構えていた。淡水魚やホタルなど絶滅危惧種保護問題に直面しつつ梶の実家へと向かうが、そこでは意外な真実が明かされ…。一方アクアパークではイルカの赤ちゃんに歯が生え始め、名付け問題と離乳トレーニングに取り組むさなかパークの存続危機が…感涙のいきもの&お仕事小説!

著者等紹介

木宮条太郎[モクミヤジョウタロウ]
1965年兵庫県生まれ。金融機関勤務を経て、2005年『時は静かに戦慄く』で第6回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

papako

82
結婚を決めた梶と由香、仕事もプライベートも暗雲が!まずは梶の過去の事件の真相と両親の気持ちが明らかになり、あっさり解決。実はラスボスは由香の父親っぽい。水族館の運命も二人の結婚も、このラスボスとの対決になりそうですね。しかし、今回の『自然保護』の話。すごく心に響いた。善意だから、知らなかったから、可愛いから。自分にもある。そして離乳食!もう涙が出ました。今愛犬に食べさせる闘いが続いていて、ほんとわかる!なぜ?どうして?そんな日々は心が辛い。さてさてそろそろ完結?10巻ぐらいかしら。2021/08/18

ponpon

70
今回の話題は淡水域の自然保護と、イルカの子育ての話題。貴重な固有種が発見されたと思ったら、思慮無い人物の行動により台無しに。日本の池沼はほぼやられているのが実態だが、少女の悔しさはいかほどであったか。浅慮な善意ほど始末が悪い事例。イルカの子育ては、ひたすらほのぼのだが、命名の話題が考えるところ大。婚約をした2人、梶の両親との顔合わせは一般的な感覚からは?ではあるが、想いは通じているようだから良いのか。最後で重大な話題が投げ込まるが、どこの水族館も苦境にあり、どの様に乗り越えるか次巻が待ち遠しい。2021/07/25

よっち

36
結婚を決めた由香と梶だが目の前の課題は山積。淡水魚やホタルなど絶滅危惧種保護問題に直面しつつ梶の実家へと向かうが、そこで意外な真実が明かされる第八弾。結婚準備もままならない二人の前に待ち構える親のハードル。絶滅危惧種保護問題や離乳トレーニングの難しさに直面していた由香が知るパークの存続危機。自然を守るとはどういうことなのか、とても大切なことが書かれていましたけど、依然として課題山積とは言え、梶の親に認めてもらえたみたいにひとつひとつ向き合って、自分ができることをやっていくしかないんでしょうね。続巻も期待。2021/09/08

anne@灯れ松明の火

27
新着チェックで予約。シリーズも8巻(これは順番がはっきりしていていいなあ)ようやく、由香と梶の関係も前進♪ 今回は、梶の過去、家族のことが語られていた。由香のおとぼけでうまく行くのかと思えば、意外な人が活躍した。そして、ホタルのこと、イルカの離乳のことなど、いつもながら知らないことを教えてもらう。さらに、大きな問題が……!   由香たちのプライベート、そして仕事、水族館の未来から目が離せない。2021/08/20

assam2005

24
今回は淡水系の水族に焦点が当たる。自然保護活動ってこんなにも忍耐が必要で、地味で、無知ではできないものだったのか。自然を守るということは、本来の自然の形を保つことであり、人の手を入れることではない。それがどれほど難しいものなのか、今回気づかせてくれました。人が生活しやすいということと対局にある自然保護活動。人の善意はその人が無知では結果に結びつかない。そして、そのことに気づいていない人の多さにショック。善意からの行動が美化される学校教育の方針を変える時期がきたのかなと思いました。2021/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17934268

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。