Jノベルライト文庫<br> RAIL WARS!A〈1〉東京駅は燃えているか!

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

Jノベルライト文庫
RAIL WARS!A〈1〉東京駅は燃えているか!

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月05日 02時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784408556505
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

警四はここから始まった…
夢の鉄道パラダイス・
エンタテインメント
新シリーズ 出発進行!

親方日の丸の國鉄入社三年目、
鉄道公安隊二年目で二十一歳の俺、境大輔。

成田室長に呼ばれて言い渡されたのは、
小海総裁の勅命による東京中央公安室内に創設の『第七遊撃班』責任者。
そして配属される部下は女子二名……「お前ら……グランドスラムか!?」。

さっそく國鉄本社リデベロップメント部の要請で
機密書類を大阪まで運ぶことになった『第七遊撃班』。
青い車体の國鉄EF65電気機関車、寝台急行銀河でいざ大阪へ。

内容説明

親方日の丸の國鉄入社三年目、鉄道公安隊二年目で二十一歳の俺、境大輔。成田室長に呼ばれて言い渡されたのは、小海総裁の勅命による東京中央公安室内に創設の『第七遊撃班』責任者。そして配属される部下は女子二名…「お前ら…グランドスラムか!?」。さっそく國鉄本社リデベロップメント部の要請で機密書類を大阪まで運ぶことになった『第七遊撃班』。青い車体の國鉄EF65電気機関車、寝台急行銀河でいざ大阪へ。

著者等紹介

豊田巧[トヨダタクミ]
2011年、集英社より「電車で行こう!」シリーズで小説家デビュー。多数の鉄道エンタメを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ponpon

39
国鉄が分割民営化されなかった世界を描く鉄道ファンタジー。本編は先日に完結し、早速の新シリーズ(外伝?)刊行は嬉しい。五能隊長と飯田班長の新人時代。新設の第7遊撃班に配属された二人は、本社から大阪への機密書類輸送を任されるが、なんと寝台列車。期待通りの車内での銃撃戦を含む大立ち回り。ようやく到着した大阪でも大波乱と期待を裏切らない展開。少し雑なところもあるけど、そこはご愛嬌。雰囲気を楽しむに徹した方が良いと思う。五能隊長は本編通りの人物像だが、飯田班長は意外な人物像かな。満足の一冊で続巻期待。2021/03/14

かんけー

23
読了♪警四高山達の上司、五能隊長と警四班長飯田さんの若き日のエピソード譚の始まり(⌒‐⌒)♪冒頭から派手な大立回りを演じのっけから大爆発シーンに驚く!鉄道公安隊所属として怪しい男を追っていて今の大騒ぎに巻き込まれるが?怪我もなくw然し、立体駐車場は炎の渦に(^_^;)時代背景はバブル最盛期の90年代初頭頃。國鉄公安隊東京中央鉄道公安室第二捜査班の境は成田室長に呼び出され?第七遊撃班の責任者に無理やり任命されて、ちょっと躊躇う(^_^;)部下が例の女子二人と有ってw「グランドスラム」と言う有名な通り名がw→2021/03/24

Starleaf_Htm

6
読了。新シリーズもすごく面白い。新人時代の飯田さんはとても可愛い。五能さんは旧シリーズでも新シリーズでも超かっこいい。最初は境さんが普通だと思っていたが、やはり責任感を持って、有能ないい班長だ。(高山君と同じ?)この『第七遊撃班』も、あの『警四』も、間違いなく最強のチームです!次巻が楽しみにしています~2021/03/19

てんてつ

3
表紙の発表があった時点であのコンビの話だなとわかってしまった作品。前シリーズで片鱗は見せていたが始終ゆるゆるだった飯田さんが予想通りの活躍でした。特にラスト敵の口の中に銃をつっこんで「これで撃っても事故よね~」は嵌まった。五能さんはクールビューティーだが時々ボケていたり最後は酔ってキャラ崩壊してたりと二人とも初々しい。五能さんの研修時代のエピソードは葵たちの研修場面で諫めていた場面を思い出して笑った。と、肝心の内容はひたすらドンパチに専念して変にいじくるよりエンタメ性が出ていてスッキリしています。2021/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17494939

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。