実業之日本社文庫<br> 血洗島の惨劇

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

実業之日本社文庫
血洗島の惨劇

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年05月09日 13時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 473p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408556499
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大企業の御曹司が惨殺。後継者争いか、怨恨か――
大手塗料メーカー「リアルペイント」会長・真行寺総一に末期がんの宣告。直後から真行寺家に不吉な出来事が続発する。新社長就任を控えた息子・右京に、差出人が「真行寺右京」となっている奇妙な脅迫状が届く。続いて総一も謎めいた呼び出し状に誘われ、血洗島――大実業家・渋沢栄一生誕の地へ。数日後、秩父路を走行中のSL車内で右京が殺害! 現場に居合わせた推理作家・朝比奈耕作が真相を抉る!

2012年に惜しまれながら逝去した著者が、1995年に発表した傑作本格ミステリー、待望の復刊!

内容説明

大企業の御曹司が惨殺。後継者争いか、怨恨か―大手メーカー会長・真行寺総一に末期ガンの宣告。直後から真行寺家に不吉な出来事が続発する。新社長就任を控えた息子・右京に、差出人が彼自身の奇妙な脅迫状が届く。続いて総一も謎めいた呼び出し状に誘われ、血洗島―大実業家・渋沢栄一生誕の地へ。数日後、秩父路を走行中のSL車内で右京が殺害!現場に居合わせた朝比奈耕作の推理は…!?

著者等紹介

吉村達也[ヨシムラタツヤ]
1952年生まれ。一橋大学商学部卒業。ニッポン放送ディレクター、扶桑社編集長を経て、1986年『Kの悲劇』でデビュー。1990年専業作家に。推理シリーズ、ホラー作品、さらには英語学習の著書から舞台脚本など、多彩で個性的な執筆活動を展開。225冊の著作を遺し、2012年5月14日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。