実業之日本社文庫<br> 相勤者―浅草機動捜査隊

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

実業之日本社文庫
相勤者―浅草機動捜査隊

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月06日 15時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 386p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408556215
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

刑事(デカ)の本懐。
辰見悟郎、生涯最後の事件!
介護ビジネスの裏の顔は――辿り着いた真相とは!?

大好評シリーズ第11弾!

下町ヤクザの三代目が目論む
介護ビジネスの裏の狙いは!?

向島の老舗暴力団で老いた親分の介護をする構成員の赤木と、任用延長で再び現場に戻った刑事・辰見は長年の顔見知りだった。赤木とともに介護を手伝う外国人家政婦から「親分が殺される」との相談を受け、管轄外にもかかわらず独自に捜査を始める。班長の稲田小町も相勤者として調べを進めると、やがて意外な真相が――辰見が挑む生涯最後の事件!

内容説明

下町ヤクザの三代目が目論む介護ビジネスの裏の狙いは!?向島の老舗暴力団で老いた親分の介護をする構成員の赤木と、任用延長で機捜に戻った刑事・辰見は長年の顔見知りだった。赤木とともに介護を手伝う外国人家政府から「親分が殺される」との相談を受け、管轄外にもかかわらず独自に捜査を始める。班長の稲田小町も相勤者として調べを進めると、やがて意外な真相が―。辰見が挑む生涯最後の事件!

著者等紹介

鳴海章[ナルミショウ]
1958年北海道生まれ。日本大学法学部卒業。会社勤務を経て、91年に『ナイト・ダンサー』で第37回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。航空サスペンス、クライシスノベル、警察小説、時代小説など活躍のジャンルは多岐にわたる。また、郷里の北海道・帯広で開かれているばんえい競馬を舞台にした『輓馬』は『雪に願うこと』の題名で映画化された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kei302

49
帯の「辰巳悟郎、生涯最後の事件!」ドキドキしながら読む。過去の事件を思い出したり、関係者との再会があったりと、シリーズ11作の総まとめ的な内容。それに加え、コロナ前と緊急事態宣言、コロナ禍での警察の捜査や仕事の描写がはさまれる。 刑事のように事件捜査がメインの職種ではない「機動捜査隊」の警察小説。 初登場のときから、辰巳は独特の雰囲気、厭世的とでもいうか、そんなタイプだった。ラスト、やっぱりそうなんだ…。2021/02/08

rosetta

27
★★★✮☆年寄りは若者が伸び伸びと生きる事を応援するのが仕事だと思っている。若者に文句を言ったりましてや足を引っ張るような年寄りには生きていて欲しくない。アクセルとブレーキを踏み間違えて若い人を轢き殺し自分の過失を認めずまるで自分の方が被害者であるかのように振る舞う痴呆老人には厳罰を与えるべきだと思う。とにかくこの本を読んでいて終始付き纏った思いはそれだ。寝たきりで食事も自分で取れない元ヤクザの組長の世話をする元組員。若い者と呼ばれる彼だって既にアラ還だ。昨日読んだ2冊の本のテーマを併せたようなシンクロ2021/03/16

ブルーノ

9
『浅草機動捜査隊』シリーズ11作目。今作ではコロナ禍の現代の世相と共に、時代の移り変わりが描かれていてとても興味深く読んだ。いずれ訪れる親や自分の老いと介護の問題など身につまされる思いがした。今回は小町さんの出番も多くて嬉しかった。でも、思いがけない展開には驚かされた。まだまだ続いて欲しいシリーズなので、続編を期待したい。 2020/12/31

Hideo

5
泣ける...現在のコロナ禍の状況を描きつつ、これまでのシリーズを総括するようなストーリー。辰見部長の生き様にホロりとさせられたと思ったら、最後まさかのマカロー刑事!?登場で次作を激しく期待‼️(マカローは出て来ないかも...)2021/02/01

なお吉

4
まさかの結末。読んでいる途中で、小町も浅草分駐隊が長くなり、シリーズが終わってしまうかと不安になったが、最後に新しい隊員も加わり次回もあるような気がした。2020/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16387422

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。