実業之日本社文庫<br> 秘めゆり

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

実業之日本社文庫
秘めゆり

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月17日 04時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408555980
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

同僚の女性と…妻子ある高校教師と…性愛小説の女王が、和歌を題材に男と女そして女性同士の愛を描く、7つの物語。

内容説明

京都の手作り市で知り合った美しい女性から誘われ、深い関係を結ぶ妻。女性同士の恋にのめりこむが、彼女とは意外な繋がりが(「秘めゆり」)。15年間一途に、恩師だった既婚男性とつきあってきた私。とうとう別れを切り出す日がやってきて―(「雪の跡」)。万葉集から岡本かの子まで、恋の和歌を題材にとった、抒情とエロスに満ちた、極上の性愛短編集。

著者等紹介

花房観音[ハナブサカンノン]
兵庫県生まれ。京都女子大学中退後、映画会社、旅行会社などを経てバスガイドを務めるかたわら小説を執筆。2010年、第一回団鬼六賞大賞を『花祀り』で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

197
花房 観音は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。【和歌+京都+官能】著者の真骨頂、性愛連作短編集でした。オススメは、表題作『秘めゆり』&その続編『くれなゐの桃』です。及川眠子(作詞家)の解説もGOODです! 【読メエロ部】2020/09/07

じいじ

92
久々の花房観音の新作の性愛小説(官能小説の括りより、花房小説は〈性愛小説〉の方が似合うと思います)。さて本作は、いつもの京都を舞台に、恋の和歌をモチーフにした7短篇集です。とりわけ性愛描写は、丁寧で繊細で熱がこもっています。腹一杯いただきました。どれも粒ぞろいですが、敢えてお気に入りの一篇を挙げれば…。15年ぶりに雪降る法然院で再会した高校教師と教え子。結末のどんでん返しには暫し茫然、女の情念?!【雪の跡】。2篇の女同士の秘める恋も、花房さんが描くと嫌らしさを感じないから不思議です。2020/06/29

けいこ

32
和歌をモチーフにした短編性愛小説7編。官能は官能だけれど、愛が伴ったそれに心から満たされた登場人物たち。感情移入してキュンキュン♡ 相変わらずの京都の情景と京ことばも良かった。百合話は守備範囲外だけれど、他はさすがに1編ずつしか進まなかったほどお腹いっぱい。ご馳走様でした。2020/09/02

桜もち 太郎

18
官能7作品。花房作品と言えばやはり官能小説だ。官能といっても彼女の作品には性描写だけでは終わらない奥深さがある。この作品集も百人一首の和歌をモチーフにしいる。それぞzれの和歌を詠んでいくと、平安時代も現代も男女問わずにセックスが好きなんだと思う。「セックスして思いが深まる関係こそが、本当の恋ではないか」「むしろ、セックスからはじまる恋愛の方が純粋かも」と。それに連動しているのが心なんだと思う。この作品達には心があるのだと思う。だから読み続けることができるし、ちんけな官能小説と違う所なんだなきっと。2022/10/08

かやは

9
和歌をモチーフとした女性向け官能小説。女性向けだと女性同士の性行為も作品になるのは興味深い。男性向けだとありえないんじゃないだろうか。2022/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15849636
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。