実業之日本社文庫<br> ぼくとおれ

個数:
電子版価格 ¥663
  • 電書あり

実業之日本社文庫
ぼくとおれ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月01日 07時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408555614
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

人生はすれ違いの繰り返し!? 同じ日に生まれた男二人の40年――『平場の月』著者、文庫最新刊。(『地図とスイッチ』改題)

内容説明

1972年9月8日。札幌の同じ病院で生まれた「ぼく」蒲生栄人と「おれ」仁村拓郎。ふたりは毎日“スイッチ”を押し、ちいさな選択を繰り返して、進学、恋愛、就職、結婚と、人生の地図を描いてきたが…。40歳の男ふたりが辿った交わりそうで交わらない(!?)道筋を、昭和から平成へ移りゆく世相と絡め、巧みな筆致で紡ぎ出す。山本周五郎賞作家の珠玉作。

著者等紹介

朝倉かすみ[アサクラカスミ]
1960年北海道生まれ。2003年「コマドリさんのこと」で第37回北海道新聞文学賞、04年「肝、焼ける」で第72回小説現代新人賞を受賞、同作収録の『肝、焼ける』05年単行本デビュー。2009年『田村はまだか』で第30回吉川英治文学新人賞を受賞。2019年『平場の月』で第32回山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とん大西

119
「平場の月」を読んでなければ、この本には手を伸ばしてなかったんじゃないだろか。「ぼくとおれ」…不思議な読後感です。昭和47年生まれの栄人と拓郎の人生。交錯してそうで交わらない彼らの歩み。ノスタルジーは札幌と東京をつなぎ、昭和と平成を往復しながら二人を明日へと導く。…基本的に善人な彼らですが、感情移入するほどではなかったかも。海外アーティストのアルバムに入ってる曲をなんとなく鼻歌まじりで聴いてるような淡々とした読み心地(わかりにくい喩え(^_^;)。案外楽しく読めたのは、主人公と同世代だからだろうなぁ…と。2020/04/27

三代目けんこと

40
『田村はまだか』以来の朝倉本2冊目。交わりそうで交わらない(?)2つの人生に、同時代の自分の人生を交え、楽しく読むことができた。この続きも読んでみたい…。2020/09/12

のんちゃん

30
1972年9月8日に札幌の同じ病院で生まれた栄人と拓郎。二人の40年間を進学や就職、結婚という定点で振り返り、その時々でどの様に人生を決めてきたのかを描く物語。単行本刊行時の題名は『地図とスイッチ』人生の選択時にスイッチを押して自分の進むべき道を切り開き、地図を作っていくという意味だ。何気ない普通の人々の人生、それを人間観察の名手朝倉先生が描くと興味深い物語になる。私も人生の後半に来たので、最近、この様に過去を振り返る物語にとても惹かれる。章頭の定点年の主な出来事と紅白歌合戦情報を懐かしく読んだ。2020/05/10

Kazuko Ohta

24
ざっくり同世代の人と話をするのは楽しい。でも、ピッタシ同い年の人と話をするのはもっと楽しい。タメの人にしか通じないネタというのが確実に存在する。私の不思議は、1960年生まれの著者が何故に主人公ふたりを1972年生まれにしたかということ。単純に一回り下に設定したという以上の意味を私はどうも感じづらい。「チミ〜」とか言われたら、もっとずっと上のオッサンかと(笑)。私は、一緒に泣ける人よりも、一緒に笑える人と一緒にいたい。一緒に笑える人とならきっと一緒に泣けるけど、一緒に泣ける人が一緒に笑える人とは限らない。2020/03/03

spatz

14
平場の月、はかなりの反響だった。それ以来の朝倉かすみの新刊。前から図書館にリクエストしてあったものが、購入してもらえ、一番に読む。なんだろう、どんなしかけ?これは誰?これはいつの話?時代の変化を切り取りながら物語を動かすしかけであろうことは最初からわかるつくり。あまり考えずに、これが誰の話なのか深く頭を使わずに読んだ。途中わけがわからなくなりかけても、そのままに。このひとも頭のいい人だ。感覚のすくいとりかたが絶妙だ。2020/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15053967

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。