実業之日本社文庫<br> 紫の女

個数:
電子版価格 ¥623
  • 電書あり

実業之日本社文庫
紫の女

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月04日 18時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408554525
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

“禁断の関係”の宝庫「源氏物語」をモチーフに、現代を生きる男女の恋とエロスと謎を、しっとりとした筆致で描く性愛短編集。

内容説明

「源氏物語」をモチーフに、禁断の関係におちてゆく男女の情愛の行方を艶やかな筆致で描く、粒ぞろいの官能短編集。若い部下に妻を寝取られたことを知った夫は、部下にある命令をし(「若菜」)、客と夜を共にしたタクシーの女性運転手には、秘められた過去が(「夕顔」)…性愛小説の女王が古典に新たな命を吹き込んだ、7つの欲望の物語。

著者等紹介

花房観音[ハナブサカンノン]
兵庫県生まれ。京都女子大学中退後、映画会社、旅行会社などを経てバスガイドを務めるかたわら小説を執筆。2010年、第一回団鬼六賞大賞を『花祀り』で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

393
【読メエロ部】いろいろ勉強になったんだが、どこがどう、と聞かれれば全部伏字になってしまう。◯︎︎⚪︎◯の際には、◯◯を◯◯し、かつ◯◯を◯◯する、、、とか。途中、同じような女性のタイプ(観音さまは、色白で巨乳がお好き♡)や性描写に冗長さを覚えたが、最終章はアッパレであった。ミカママが発言してるのかと思ったぞ。自称「勃ってるものを萎えさせたい文学」(笑)ひとりでも多くの男性に読まれることを望む。2019/03/30

ケイ

117
肌が合わないな、この作家さんは。文字のつなげ方が間違ってないだろうか、いらない修飾語が多いだろう、と突っ込みながら。不倫した相手の子供を相手に言わず1人育てることに対して『潔い』。その潔い女は、夜に子供を母に任せ男と簡単に寝る。ほかの女たちも、すぐに裸になるのに、きまって「恥ずかしい」。バターンだな。官能が即席になるとつまらない。手をかけて育てた野菜や、時間をかけて煮込んだ料理は、手早く空腹を満たすものに比べようもないだろう。 2019/10/05

じいじ

107
古典の名著『源氏物語』を土台にして、花房観音が紡ぐ官能度120%の現代絵巻、キーワードは「三角関係」。物語の主軸は、花房さん解釈による、光源氏の倫理観を飛び越えた奔放な恋愛遍歴で、可笑しくてオモシロイ。京女の京都弁には、またしても弄ばれてしまいました。26冊目の花房作品ですが、エロさにおいてはこれがベスト1かもしれません。花房観音の真価を発揮した一冊、花房ファンには必読の本でしょう。2018/12/21

aquamarine

92
源氏物語が好きだ。光る君に憧れていたわけではなかったと気付いたのは、実は年を重ねてからだったが。彼は好き勝手をしているようで、結局何一つ思い通りにならなかったのかもしれない。ただ待つだけの時代でも女は強いのだ。で、この花房作品である。時代を移した現代で、佳人薄命と言われる夕顔も、初心だと思われた女三宮も、花房作品ではもちろん男の幻想の中の姿のままでいるわけがない。男性目線で書かれているためか、女を下に見ている男たちがなんとも小さく可愛らしく見えてくる。殊に男の妄想とファンタジーをバッサリ斬る最終章は圧巻。2019/08/17

misa*

75
「源氏物語」を現代風に描いた作品。花房さんの本は何冊か読んだけれど、欲望を貪るように描く様が凄まじく力強い。そして、女性の腹の底から滲み出る嫉妬や怒り、悲しみがまたリアルだった。しかしまぁ、官能小説なんだろうけど男性目線ばかりだったのがなぁ…。最後の「光る君」は笑えたけど。人の欲望とは、男女問わずえげつないものだなぁと。2019/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13260544
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。