実業之日本社文庫<br> 森に願いを

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

実業之日本社文庫
森に願いを

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月21日 22時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408554105
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

希望を失い森に迷い込んだ人々に森番の青年は優しく語りかけた――静かな感動を呼び、思わず深呼吸したくなる癒しのミステリー!

内容説明

いじめ、進学、就職、恋愛、不治の病…それぞれに人生の悩みを抱え、希望を失った人々。彼らが迷い込んだ街中の広大な森の中に、その青年はいた。能天気に見える森番の青年が語りかける言葉は不思議な力で彼らの心に届く。ふれあいの先にある彼らの運命は。そして、森と青年に隠された禁断の秘密とは―驚きと感動に満ちた、癒しのミステリー。

著者等紹介

乾ルカ[イヌイルカ]
1970年北海道生まれ。短大卒業後、小説の執筆を始める。2006年に「夏光」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

相田うえお

116
★★★☆☆19008 謎の森に惹きつけられる 訳ありな人たちの短編集。読み始めからしばらくは、森のシーンで高橋一生さん主演の『僕らは奇跡で出来ている』をイメージしてしまいました。さらに2話目では、菅野美穂さん主演の『曲げられない女』3話目では、草彅剛さん主演の『僕の生きる道』が頭に浮かんできました。話は変わるけど、マツの木、エゾマツは枝ぶりが下がってて、トドマツは上向。これ、トドマツは天にもトドけ〜!エゾマツは天に届かなくてえエゾ〜!と覚えるんだって。木って長寿だから今度、生まれ変わるなら木だな。。2019/01/12

カブ

47
街中にある大きな森に吸い寄せられるように、人生の思いを抱えた人々がやってくる。不登校の子どもを持つ主婦、不治の病に罹った青年、落ちこぼれの高校生、リストラされる中年男性など7人と、1人の森番の青年の連作短編集です。特別なことをする訳じゃない、ただ寄り添って彼は森にいる。自分も森の中に迷い込んで、緑の空気を吸い込んだような、どこかホッとするような話です。2018/05/10

ココ(coco)

40
☆☆☆★乾ルカさん12冊目です。今回は癒されました。職場の人間関係やリストラ、不登校等々、様々な悩みを抱えて苦しみながら生きている人々が、都会の中にある森に迷い込んで、森番の青年と触れ合う事により、生きる希望を見出していく物語でした。7編の連作短編集ですが、第5話と第6話が好きです。第5話に出て来る『これからのあなたの人生で、今が一番若いあなたです。』という言葉が良かった。2018/04/22

さゆ

33
”時を止めることなどできないのだから、今が一番若いときであり、チャンスを前にして無理かどうか考えるのは時間の無駄だ”という内容を森番が語る場面がある。実際に今が一番若いとはなかなか思えないが『常に今が最新バージョン』と私も自分を鼓舞する事はある、というか、しないとやってられないのよ。時にはたちどまってしまっても、マイナーチェンジを繰り返して生きていくとしましょう。カウンセリングのケーススタディ風エピソードが並び、正直ややしんどい感じでしたが、最後の森番の話は良かった。彼等の話をもう少し聞きたい気がする。2018/04/16

木漏れ日の下

21
傷ついた人や悩み苦しんでる人達が都会の中の森に誘われるように訪れ、森番や森と関わる内に僅かな希望を見いだしていく。都会の中に何故こんな森があるのか。彼は何故に森番になったのか。登場人物達の弱さや悩みに共感しながら読み進めました。ただ、崎山奈々の弱さにだけは共感できなかったかな。人間臭くはあるけど、あまりに虚しく時間の無駄な思考だなぁと。妬み嫉み恨みに囚われず無い物ねだりしないようにありたいものです。木漏れ日の溢れる森へ時計を忘れて散策に行きたいなぁ!2019/01/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12733674

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。