実業之日本社文庫<br> 幻屍症 インビジブル

個数:
電子版価格 ¥641
  • 電書あり

実業之日本社文庫
幻屍症 インビジブル

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月02日 14時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408553603
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

孤島にそびえる閉鎖的孤児院「四水園」。猟奇×狂気の連続殺人と忌むべき謎を追え!『不死症』著者による「症」シリーズ第二弾。

内容説明

絶海の孤島に建つ孤児院「四水園」で発生した、園生の不可解な転落死。他者の優れた部分が歪んで見える「幻視症」のユタカは、その事件をきっかけとして園内に伝わる「四忌」の噂を追い始めた。解けば願いが叶い、真実に辿り着けない者は死ぬという四つの謎…。相棒のミツルと共に解き明かすほどに、恐るべき悲劇が発生し!?この島を覆う闇の正体とは―?

著者等紹介

周木律[シュウキリツ]
某国立大学建築学科卒業。2013年、『眼球堂の殺人~The Book~』(講談社ノベルス)で第47回メフィスト賞を受賞し、デビュー。本格ミステリの系譜を受け継ぐ「堂」シリーズほか、様々な持ち味の著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

112
カバーとタイトルに魅せられて。本来は手にしない分野だったが・・ん~、苦手な私でもスラスラ読める。もっとぞくぞく・ザワーッとするのかと思っていた。だが、こんな『四水園』なる場所・差別は大嫌いだ!どこで生きても不安はあるのだ。ユタカよミツルよ、未知の未来へまっすぐ飛んで行け。どこまでも生きて行け。そんな感想です。2017/07/27

ダイ@2019.11.2~一時休止

92
症その2。なんで走って逃げながらそんなに会話ができるの?とかいろいろツッコミどころが・・・。そろそろ堂シリーズの新作出ませんかねぇ。2017/06/15

きっしぃ

43
前作「不死症」は、イマイチだったけどなぜか借りてしまった(笑)今回は、孤島に集められた少年たちの謎解きミステリー。「わたしを離さないで」と同じ設定…?と思ったけど、ちょっと違ってた。孤島の四つの謎は全然大したことないけど、なんだか青春ものっぽいハッピーエンド。文章はすごく読みやすいので一時間ちょっとで読めました。○○堂の~のシリーズの方を今度は読んでみたい。2017/09/02

ゆんこ姐さん@文豪かぶれなう

39
お出かけついでに一気読み。とある孤島、フェンスに囲まれた広大な土地に閉じ込められ、鍛えられ、教育される10歳から15歳の子供たち。主人公ユタカは、その人間の優れたところが歪んで視えるという幻視症を持っていた。ユタカに近づくのは、気配を消して紛れるミツル。秀でて優秀な頭脳を持つミツルは、ユタカに、島に伝わる「四忌」という七不思議のようなものを解明しようと持ちかける。四忌の、そして島の真相とはーー。途中でオチがわかってしまったので残念だった。しかも漫画とかにありそうな展開…。堂シリーズ新作に期待。2017/06/14

annzuhime

38
図書館本。絶海の孤島。集められた孤児。異質な能力。死にまつわる噂。とても興味深いワードが多いけど、内容はかなりライト。表紙の怖さとは打って変わって、ホラー感は薄い。怖さは全く感じなかったな。表紙のインパクトからもっと本格的なホラーを期待していたけど違った。読書初心者でも大丈夫な文章でスラスラ読めました。2017/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11928114

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。