実業之日本社文庫<br> 顔のない肖像画

電子版価格 ¥613
  • 電書あり

実業之日本社文庫
顔のない肖像画

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 314p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408553108
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

本物か、贋作か――オークションに隠された真実とは。読み継がれるべき叙述ミステリーの傑作、待望の復刊。表題作ほか全6話。

内容説明

死後に注目された荻生仙太郎の絵画が、30年ぶりにオークションへ出品されることになった。そこには幻の傑作も出品されるらしい。荻生の絵に魅せられた美大生の旗野康彦は『顔のない肖像画』という絵を必ず競り落とすよう未亡人から依頼される。その肖像画は幻の傑作なのか、それとも知られざる理由が?(表題作)。究極の逆転ミステリー7編。

著者等紹介

連城三紀彦[レンジョウミキヒコ]
1948年愛知県名古屋市生まれ。78年にデビュー。81年「戻り川心中」で日本推理作家協会賞、84年『宵待草夜情』で吉川英治文学新人賞、同年『恋文』で直木賞、96年『隠れ菊』で柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞。2013年に逝去。14年に日本ミステリー文学大賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。