実業之日本社文庫<br> 仇敵

個数:

実業之日本社文庫
仇敵

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月22日 23時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 370p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408552842
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

不正を知ったライバルは謎の死を迎え、庶務行員・恋窪商太郎は“仇敵”への復讐を誓う――今こそ読みたい池井戸潤金融ミステリー。

内容説明

弱小銀行の東都南銀行で庶民行員として働く恋窪商太郎は、かつて大手銀行で次長職を務めるエリートだったが、不祥事の責任をとり退職していた。融資課の若き行員・松木から相談を受け、行内の事件を解決に導く平穏な日々。しかし、退職のきっかけとなった“仇敵”が現われたとき、人生と正義の闘いに再び立ち上がる…宿命の対決の行方は!?

著者等紹介

池井戸潤[イケイドジュン]
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞、『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、『下町ロケット』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あすなろ

89
都銀から普通銀行即ち地銀の庶務行員に。街金も登場して対峙して、炉端焼でいつも飲むなんてことはやり過ぎ感否めないが、やはり池井戸氏作品は現代経営学の1つのテキスト足り得るのである。貸すも親切貸さぬも親切とか、金融手形、社長の夢語り…。どれも実際聞いたことある者の感想です。そしてこの系譜から半沢シリーズとかが花開くのである。堪能!そして、定食的な現代ビジネスマンの水戸黄門的ハッピーエンドがこれまたイイ!2019/05/19

AICHAN

74
図書館本。金融ミステリー。難しい金融用語もさらりと簡単に説明してくれ、とても読みやすかった。主人公が温かみのある銀行マンであることがミステリーでありながら全体を明るくしている。2019/10/02

いたろう

72
訳あって、不遇の身になっている主人公が、悪に立ち向かい、最後は・・・。池井戸作品にありがちなプロットと、既視感を持って読み終わり、読メに登録しようとして初めて、既に読了の登録がある既読作品と気づいた。それは確かに既視感がある訳だ(笑) 既視感があっても再読でも、やっぱり面白いのが池井戸作品。観ていないが、ドラマ「花咲舞が黙ってない」で、この連作短編集から2編が、花咲舞を主人公に変えて、入れられているということで、本作自体の映像化はもうないのかもしれないが、恋窪商太郎というキャラも映像で観てみたい気がする。2020/05/02

いたろう

62
主人公は、一見、冴えない地方銀行の庶務行員だが、実は元エリート都市銀行員。役員の不正を暴こうとして、逆に罠にはめられ、退職させられた過去を持つ。そんな主人公が、庶務行員として、雑務ばかりの仕事を受け入れ始めたところで、過去との対峙を余儀なくされ・・・。池井戸さんらしい、銀行を舞台に不正と戦う話も、何人もの人が謎の死をとげたり、他の作品に比べ、サスペンス色が強い。犯人は最初から分かっているのに証拠をあげられず、警察もあてにできないもどかしさ。最後はお決まりの大逆転だが、もう少し盛り上がりが欲しかった。2016/08/12

くろにゃんこ

53
実は鋭い庶務行員のお話かと思いきや・・・あまりに根深くて恐ろしい話でした。実際にもこんなことが起こるのだろうか(*_*)恋窪さんの味方がたくさんいるものの何度もボコボコにされているのが怖すぎる(^_^;)2016/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10656106
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。