実業之日本社文庫<br> 江戸城仰天―大奥同心・村雨広の純心〈3〉

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

実業之日本社文庫
江戸城仰天―大奥同心・村雨広の純心〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月03日 07時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 238p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408552569
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

将軍の跡目を争う御三家の最終決戦…それぞれの陰謀に大奥同心の必殺技「月光」が立ち向う!好評シリーズいよいよ完結!!

内容説明

将軍・家継の命を狙う御三家の忍者同士が、江戸城の周辺で熾烈な争いを始めていた。村雨ら大奥同心たちは警護を強化するが、既に大奥に潜入していた怪しげな女が城内を混乱に陥れていた。一方、年寄の絵島は歌舞伎役者の生島新五郎に籠絡され…。村雨は将軍と初恋の人でもある将軍の母・月光院を守り抜くことができるのか。人気シリーズ、完結!

著者等紹介

風野真知雄[カゼノマチオ]
1951年福島県生まれ。立教大学法学部卒業。93年『黒牛と妖怪』で第17回歴史文学賞を受賞。2002年第1回北東文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

suzu

9
次々登場の忍者がへん。絶対へん。次々やられすぎ。どうもおかしい。2016/09/15

あかんべ

7
こういう題材は、なんかこの作者には向かない気がしたが、三巻で早々に終了してよかった。2016/02/09

ひさか

2
2015年12月刊。文庫書下ろし。シリーズ3巻め。最終巻。大奥同心と御三家の忍者との対決が圧巻で楽しめた。ハッピーエンドな結末は、楽しい。うまい終わり方です。2016/02/29

Suzu

1
大奥同心シリーズ第3弾最終巻。月光院が言った「将軍の座など失っても命さえ無事であるなら構いませぬ」母としてはそうだよな。本当なら家継と一緒に出られたら良かったのに。市井の人として村雨広と3人で暮らせれば良かったのに。なんて思った。2021/10/05

つめ

1
なぜか最終巻のみ購入!?表紙と中身と大違い。鋸傘のくだりは他でも見たから有名なお話なのかな。あまり楽しめなかったけど、嫌いでもないけど、1巻2巻を探して読む気はなし。今度から知らない本はこの手で行くかな。2020/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9946270

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。