実業之日本社文庫<br> 生かされる命をみつめて“自分を愛する”編―五木寛之講演集

個数:
電子版価格 ¥488
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

実業之日本社文庫
生かされる命をみつめて“自分を愛する”編―五木寛之講演集

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月29日 17時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408552538
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

老いもがんも寛容する。「頑張れ」と言わずに、人にじっと寄り添う。ボランティアは自分が救われること。一日ひとつ、歓びの出来事をノートに書いてみた。立派に亡くなった人へは、涙でなく拍手を送る。誰もが知る「青い鳥」には謎の結末があった。作家をめざした少年時代―など、著者が50年近くかけて語った講演は、あなたに何をもたらすか。

目次

自分を愛することから
生かされる命をみつめて
影の濃さに光を知る
こころの傷
「慈」と「悲」
母親の涙
誰のために
歓びノート
人は泣きながら生まれてくる
憂いなきに似たり
生きているだけで
分け隔てなく
朝顔は闇の底に咲く
地獄を生き延びた人びと
舌はあるか
「青い鳥」を探して
物語を夢見て
人生という物語
普遍と個別
ふたつのことばを使い分ける
受け継いだことば
おかげさま
私たちはどこへいくのか
喋ることと書くこと―あとがきにかえて

著者等紹介

五木寛之[イツキヒロユキ]
1932年福岡県出身。早稲田大学露文科中退。67年、直木賞受賞。76年、吉川英治文学賞受賞。02年、菊池寛賞を受賞。10年、『親鸞』で毎日出版文化賞特別賞受賞。各文学賞選考委員も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

孤独であることも悪くない。著者の50年近い講演の中から、自分と他人の寛容の精神など人間のマインド面について語る全23章。