実業之日本社文庫<br> 浅見光彦からの手紙―センセと名探偵の往復書簡

個数:

実業之日本社文庫
浅見光彦からの手紙―センセと名探偵の往復書簡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月21日 06時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408551982
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0193

内容説明

冤罪が疑われる事件をめぐり、軽井沢のセンセと浅見光彦の間を79通の手紙が往来した。疑惑の背景を追って奔走する浅見からの便りに対し、センセの返信は、世の中にはびこる矛盾を追及する一方、小説の創作秘話や出版業界ウラ事情が冗談まじりに綴られて、名探偵をはぐらかす。緩急自在のやりとりの末、迷(?)コンビは真相に辿り着けるのか―!?

著者等紹介

内田康夫[ウチダヤスオ]
コピーライター、CM制作会社社長を経て、1980年『死者の木霊』でデビュー。『後鳥羽伝説殺人事件』で初登場した浅見シリーズのほか、“信濃のコロンボ”竹村警部シリーズ、警視庁岡部警部シリーズなど多数で、2007年には作品総発行部数が1億部を突破。同年、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞。2010年、作家生活30周年を迎えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。