実業之日本社文庫<br> 暗闇のリラ

個数:
電子版価格 ¥528
  • 電書あり

実業之日本社文庫
暗闇のリラ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月06日 14時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 290p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408551586
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

家族の愛を享けられず、自堕落な日々に溺れ、互いの存在だけを頼りに育った幼馴染み、21歳のはるかと20歳の光代。リラ冷えの季節、ふくらんだ借金返済のため二人は7歳の少女をさらい身代金800万円を要求する誘拐劇を実行に移す…。女性の等身大の愛と性を描き支持を集める名手が故郷・北海道を舞台に、稚拙な犯行に及ぶ若者の赤裸々な性と心情に迫った渾身作。

著者等紹介

谷村志穂[タニムラシホ]
1962年北海道札幌市生まれ。91年処女小説『アクアリウムの鯨』を発表。以降、小説を中心に、エッセイ、紀行、訳書など幅広い分野で活躍している。2003年『海猫』で第10回島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らむり

31
どうしようもない女性二人が誘拐を犯すお話。光代は一番苦手なタイプ・・・。2014/04/04

mayu**

1
読む価値なし。 嫌悪感しかない。2014/02/22

ゆーた

0
何とか読み終わったって感じ。 小樽と札幌が舞台の女二人のダメな人生。 銭函駅の切符欲しいな(笑)2014/12/24

けんたん

0
たんたんと、闇度アップ。2014/03/16

さのかずや

0
北海道。心の闇。鬱展開。人間の弱さをみる本でした2014/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7962056

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。