実業之日本社文庫<br> 夫婦善哉・怖るべき女―無頼派作家の夜

個数:

実業之日本社文庫
夫婦善哉・怖るべき女―無頼派作家の夜

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月06日 09時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 380p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408551548
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

無頼派作家、酒と文学。2013年に生誕100年を迎え再び脚光をあびるオダサクの代表的小説とエッセイを収録。津村記久子氏解説。

うまいもん食いにいこか――大阪を愛した作家の珠玉の名作。

そこには、人間の本質的なスリルがある――津村記久子(作家)。戦後無頼派の代表的作家・織田作之助の代表作と酒にまつわる小説・エッセイ等を多数収録したオリジナル作品集。デビュー作にしてすでに成熟した筆致が文壇を驚かせた「夫婦善哉」ほか、「アド・バルーン」「競馬」「世相」など大阪の風俗と庶民の喜怒哀楽を活写した小説、死の直前に書かれた「怖るべき女」「可能性の文学」まで、織田文学の真髄に触れる一冊。

【収録作品】
■夫婦善哉
■雪の夜
■姉妹
■電報
■アド・バルーン
■競馬
■世相
■薬局
■中毒
■怖るべき女
■文学的饒舌
●可能性の文学 解説/ 津村記久子
●作品解説 七北数人

内容説明

戦後無頼派の代表的作家・織田作之助の代表作と、酒にまつわる小説・エッセイ等を多数収録したオリジナル作品集。デビュー作にしてすでに成熟した筆致が文壇を驚かせた「夫婦善哉」ほか、「アド・バルーン」「競馬」「世相」など大阪の風俗と庶民の喜怒哀楽を活写した小説や、死の直前に書かれた「怖るべき女」「可能性の文学」まで、織田文学の真髄に触れる一冊。

著者等紹介

織田作之助[オダサクノスケ]
1913(大正2)年大阪市生まれ。36年、旧制三高文科中退。38年、青山光二らと同人誌『海風』を創刊。翌年、同誌に発表した「俗臭」が芥川賞候補になり、続く40年の「夫婦善哉」により新進作家として認められる。結核を患いながらも精力的に執筆活動を続け、戦後、「世相」「競馬」など斬新な短篇を次々発表して流行作家となる。文壇の権威に反逆する文学姿勢が人気を呼び、太宰治、坂口安吾とともに無頼派と称された。読売新聞に連載中だった「土曜夫人」の取材で上京した折、太宰・安吾との座談会に出席したが、まもなく大量に喀血、47(昭和22)年、33歳の若さで急逝した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。