実業之日本社文庫<br> 許されざる花嫁

個数:
電子版価格 ¥435
  • 電書あり

実業之日本社文庫
許されざる花嫁

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 203p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408551272
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

女子大生・塚川亜由美はホテルのラウンジで緑川祐一郎という中年男性に、「僕を見張っていてくれ」と頼まれる。「誰かが見ていてくれないと、花嫁を殺してしまうかもしれない」と言うのだ。今日の挙式の花嫁は彼の元妻・みゆき。ある日彼女は手紙だけを残し、子供二人を連れて浮気相手のもとに去ったらしいのだが…。表題作ほか「花嫁リポーター街を行く」を収録。

著者等紹介

赤川次郎[アカガワジロウ]
1948年福岡県生まれ。76年『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。80年『愛妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞を受賞。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

62
女子大生亜由美が主人公の花嫁2本立て。 花嫁リポータ街を行く 許されざる花嫁 花嫁リポータ街を行く は,花嫁がテレビの報告者で,結婚式で席を外す。 許されざる花嫁は,2度目の結婚で,3度目は元に戻る。 それぞれ,少しずつ伏線があり,3本の糸がからみあうように進む。 お手軽,お気軽,赤川次郎の作った物語。2013/07/06

おばけりんご

6
花嫁シリーズ第24作目。「許されざる花嫁」と「花嫁リポーター街を行く」の中編2作を収録しています。相変わらず、女子大生の亜由美とその飼い犬のドンファンが事件解決に大活躍です。刑事の殿永さんと友人の聡子も知恵を手を貸してくれます。今回は、2作とも芸能界が関わっているので、少し話が派手に感じます。個性的な亜由美の両親も出番が少なくて残念です。あの独特の会話のファンなので。時間がなくてもサクサクと読めるのがいいところです。続きが気になりますね。でも、いつまで亜由美は女子大学生でいるのかが気になります。2013/08/12

FK

5
時間の無いときに、さらっと読める本。シリーズ24と長く続いてます。2013/08/10

なかちん。

4
花嫁シリーズです。 相変わらずの安定感、今回もサクサク読めました。2013/06/25

Haruka

2
初めての赤川次郎さん。 想像してたよりもすごく読みやすくて面白かった! 私は猫派なので、次はホームズのシリーズを読みたいな(*^^*)2015/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6830094

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。