実業之日本社文庫<br> アンダードッグ

電子版価格 ¥550
  • 電書あり

実業之日本社文庫
アンダードッグ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408550718
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

元刑事で、軽食喫茶を営む「私」が、日タイ混血の旧友・春雄と再会した時から事態は一変した。17年前、私や春雄らがタイに集っていた時分に起きた、旅仲間の鉄道転落死。それがただの事故ではないという疑いが出た矢先、新たな不審死が。私は真相を求めタイへ向かうが…灼熱の地で突きつけられた陰謀と、目もくらむような真相とは―。

著者等紹介

海野碧[ウミノアオ]
長野県生まれ。短歌結社「白夜」幹部同人。2007年、『水上のパッサカリア』で第10回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りゅう☆

87
タイを訪れた時に現地仲間川上が転落死した。あれから17年。女が原因で刑事を退職し離婚。その女も亡くなり、軽食喫茶をしながら細々と生きる井出が春雄と再会。そして仲間と集まった日に春雄が飛び降り自殺。川上の死に疑問を感じた井出はタイへ。いきなり違う世界に入り、そこに至るまでの過程が述べられる。結構好きな展開。命の危険にあったり、突然列車の旅に出たり、銃撃戦に巻き込まれたり。元刑事としての勘は衰えてなく真相へと辿り着く。何事にも無気力だった井出が帰国後は大切な人をいつまでも待つための一歩を踏み出した。良き良き。2021/10/07

2Tone

5
タイのバンコクで17年前に、バックパッカー同然の過去から、日本で偶然再会したことから物語は始まる。その当時は、いろいろと違法的なこともあって、自殺?した奴のしのぶ会を!淡々と進む物語に、警察沙汰の事件、過去の真相に、タイに訪れるリョウさん。 ミステリー的なところもあるが、作者も行ったこともあって、変にリアリティーもありました。春雄の秘書レジーナも、いい意味でも悪い意味でも輝いてますが、本当は何者と言うのも興味を持ちます。2018/07/27

YH

2
再読。例によって覚えていない。にもかかわらず、展開が読めてしまう。たかだか17年前に僅かな期間一緒に遊んでいただけなのに運命が狂った川上と裾花がちょっと気の毒。2019/06/29

bieo

1
海野碧さん初読み。再会したリョウさんと川上さんの別れ際…泣けたな(涙は出ないけど)…。そして別れた後の転調…ワクワク読めました(それまでは単調で、いつそれっぽい流れになるのか気を揉んでいたのだけど)。 謎めいたレジーナさんとのランデブーが妬けました。2015/05/19

めぐめぐ

0
★★★☆☆2016/05/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4765651

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。