実業之日本社文庫<br> ミス・ジャッジ―堂場瞬一スポーツ小説コレクション

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

実業之日本社文庫
ミス・ジャッジ―堂場瞬一スポーツ小説コレクション

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月27日 14時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 428p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408550343
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

レッドソックスの先発投手として、メジャーデビューを果たした橘。暗い過去を秘めた日本人初のMLBアンパイア竹本。高校・大学時代の確執を引きずるふたりの人生が、大リーグを舞台に再び交錯する。たった1球の判定が明暗を分ける熾烈な世界で、因縁の闘いに決着はつくか―強烈な自負心と深い孤独を抱えた男たちのドラマを描く、傑作野球エンターテインメント。

著者等紹介

堂場瞬一[ドウバシュンイチ]
1963年生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。2000年『8年』(集英社)で第13回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

241
【堂場コミュ】久々の野球作品。物語の縦軸は、MLB1年目のピッチャー橘と、彼の元ライバル(現在はMLBの審判1年目)竹本の2人。物語の鍵は、文字どおりのミス・ジャッジ(これは和製英語だと思うなぁ)。魅力的な脇役に囲まれ、MLBファンの堂場さんならではの試合運びに、ワクワクしながら一気読み。馴染みあるセーフコ球場が出てきたのも嬉しかったな。『BOSS』の方もぜひ読んでみたい。2016/07/19

こうじ

170
⭐️⭐️⭐️3/5 面白かった(*^_^*)ミスジャッジ!人間だからミスもある、でも、真剣勝負!最近は、ビデオ判定が出てきたから、ミスジャッジ少なくなってるけど、逆にミスジャッジがあるから、人間味もでてくるのでは^_^最近、個性ある審判いるかなぁ、昔の審判は怖いイメージが強かった(*^_^*)2016/05/06

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

122
10年に1人の逸材と呼ばれたエース・竹本と控え投手・橘は、学生時代王様と奴隷の関係だった。しかし10数年後、二人の立場は残酷なまでに逆転していた。肩を壊し選手生命を絶たれた竹本は、それでも野球から離れられず、アンパイヤに転身する。才能に溺れなかった橘は自分の投球術を創り上げ、メジャーリーガーにまで登りつめる。レッドソックスの一員として凱旋帰国し、ヤンキースとの開幕戦に先発した橘は、キャッチャーの後ろから冷たい視線を送ってくる竹本と対峙する。そして運命の一球……。鮮烈な光と影を描いた孤独な男たちのドラマ。2016/05/17

ユザキ部長

101
あの一球のミスジャッジで、俺の野球人生はおかしくなっちまったんだ。何だ、何なんだこれは?そりゃそうだ。つい先ほどまではストライクだったコース。突然のボール判定。戸惑いと焦り、自暴自棄になる。絶対の正義をふりかざす審判。平常心なんて保てるのか?いずれにせよ見てくれ、この一球を。「参った」と認めてみろ!2016/09/11

ともくん

59
たった、一球のミスジャッジのせいで野球人生を棒に振るようなスランプに陥ってしまう。 そこから、物語は始まる。 日本人メジャーリーガーとメジャー初の日本人審判。 その二人の間に横たわる過去とは。 どうしても、許せない同士二人が出した過去との精算方法とは――2020/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3016604

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。