心眼

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

心眼

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 01時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408538273
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

『ガラパゴス』『震える牛』著者が放つ
警察小説の新たな金字塔!!

「目で見る物語。
心の眼で捉える想い。
焦点が合うその刻を、見逃すな」
杉田智和 声優

あなたの顔が危ない――
すべてが監視されている!

心眼で人を観察しろ。本質だけが浮かび上がる。
街頭に立ち、顔を見続け、
指名手配犯を炙り出す〈見当たり捜査班〉。
新米刑事・片桐は、犯人を見つけられない。
一方、ベテラン刑事・稲本は、圧倒的な結果を残す。
新たに就任した捜査一課長は、ハイテク捜査を実施、
「見当たり捜査班不要論」をぶち上げた。
絶体絶命のピンチを、片桐は脱することができるのか?

目次
第一章 定点
第二章 駐留
最終章 見当たり

内容説明

心眼で人を観察しろ。本質だけが浮かび上がる。街頭に立ち、顔を見続け、指名手配犯を炙り出す“見当たり捜査班”。新米刑事・片桐は、犯人を見つけられない―。一方、ベテラン刑事・稲本は、圧倒的な結果を残す。新たに就任した捜査一課長は、ハイテク捜査を実施、「見当たり捜査班不要論」をぶち上げた。絶体絶命のピンチを、片桐は脱することができるのか?

著者等紹介

相場英雄[アイバヒデオ]
1967年、新潟県生まれ。専門学校卒業後、時事通信社へ。経済部記者を務める。2005年『デフォルト 債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

235
相場 英雄は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者らしい骨太の社会派ミステリを期待して読んだのですが、相場 英雄というよりも今野 敏と言った感じでした。これだけ監視カメラが増えても、見当たり捜査は継続しているのでしょうか❓ https://ebook.j-n.co.jp/shingan/2023/08/21

いつでも母さん

168
相場さんが面白いところに視点を当てた。新米見当たり捜査官・片桐をジリジリしながら読んだ。いつも相場作品を読むとドキドキして身体の芯が熱くなる感じなのだが、今作はそれが今一つ(単に私の読み方が浅いのか?)時代は変わる・・監視カメラやNシステムの必要性はわかる。だが、刑事は地道に汗をかいてなんぼ(←古い? ?)と地味な捜査は侮れなく、応援したい私なのだ。行くのか片桐?行くんだな片桐!ならば頑張れ。そんな感じの読後感。2023/08/06

しんたろー

154
見当たり捜査…街中で通行人を観察し、指名手配犯を見つけ出す…その部署に配属された新人刑事・片桐の成長物語でもある社会派ミステリ短編集。愚直さにイライラするが応援もしたくなる主役として片桐を核に、人間臭いメンバーを配しているのが良い。監視カメラやNシステムを使ったハイテク捜査の実際を知れるのも興味深かったし、対照的な見当たり捜査で刑事たちの「汗」を感じられるのも巧い。相場さん作品としては少々インパクトに欠ける印象だが、『ナンバー』シリーズは巻を追う毎に盛り上がったので、本作も面白いシリーズに育てて欲しい♬2023/09/12

タイ子

108
指名手配、行方不明者を探して街角に立ち、記憶の中の顔を探し出すそれが見当たり捜査。全国に600人、それらを全て記憶しマスクの頃でも顔半分で見つけるっていうからスゴイ。その中でもはみだし刑事と言われているのがベテラン刑事・稲本。彼の手法を学ぼうと食らいつく見当たり新人・片桐。これからのハイテク捜査を取り入れようとする捜査一課との確執。全国民が警察によって全て把握される時代、果たして許されるのか。見当たり捜査に焦点を絞った作品だけに少し冗長すぎる気もするが、知らない世界を垣間見られた興味深い作品ではある。2023/10/21

ma-bo

102
捜査一課への異動を希望しているが、見当たり捜査班に配属になった片桐が主人公。片桐の葛藤や成長が描かれる。指名手配犯、行方不明者の写真や似顔絵を覚え記憶の中の顔を探し出す見当たり捜査。抜群の成績をあげながらも一匹狼で協調性のない先輩刑事稲本の手法を探る片桐。稲本は過去捜査一課の刑事だった。見当たり捜査と、防犯カメラや顔認証、AI捜査等のハイテク化捜査との確執や、Nシステム等監視社会の実情や問題も知れる内容だった。2023/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21264297
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。