分岐駅まほろし

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

分岐駅まほろし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月18日 09時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408538204
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

「あなたの、人生の分岐点はいつですか?」

分岐駅まほろし――。
それは満月の夜だけ現れるという不思議な駅。
過去に後悔を抱えた者たちが行き着く場所だとか。
もしもあの日、あの時、過去の分岐点で違う選択肢の人生を歩んでいたら……。

これは素晴らしき人生の物語。
切なくも温かい、心に沁みる「永遠の感動ファンタジー!」

2022年秋のドラマ化も話題となった大ヒット作『さよならの向う側』の著者が贈る、書き下ろし最新作!

小説家・佐藤青南さんも激賞!!!
「別れのつらさや後悔の重さに耐えきれなくなりそうなとき、きっとこの本を読み返す。
明日に踏み出す勇気を与えてくれる感涙小説!」


重く深い後悔を抱えた人たちが、過去の分岐点へと戻り、自分が選ぶことのなかった人生を辿ることで、自身の生き方や人生と向き合う物語。
その不思議な現象が起きる分岐駅「まほろし」を訪れたのはそれぞれ訳アリな男女……。
「もしもあの時、告白をしていたら」
「もしもあの時、第一志望の大学に合格していたら」
「もしもあの時、夢を追わなければ」
「もしもあの時、病院に連れて行っていたら」
―――さまざまな後悔を振り返る中で見えてきた、本当に大切だったこととは……!?
誰もが何かしらの後悔を抱えて生きている。
そして、誰もが何かしらの大切な人生の分岐点を持っている。
過去は変わらないが、未来は分からない。
今日この日が分岐点となって、また誰かの新たな人生が始まる――。

明日から前を向いて生きる勇気が生まれる――これは、間違いなく、素晴らしき人生の物語!

内容説明

「あなたの、人生の分岐点はいつですか?」分岐駅まほろし。それは満月の夜だけ現れるという不思議な駅。過去に後悔を抱えた者たちが行き着く場所だとか。もしもあの日、あの時、過去の分岐点で違う選択肢の人生を歩んでいたら…。これは素晴らしき人生の物語。切なくも温かい、心に沁みる「永遠の感動ファンタジー!」

著者等紹介

清水晴木[シミズハルキ]
千葉県出身。2011年函館港イルミナシオン映画祭第15回シナリオ大賞で最終選考に残る。2015年、『海の見える花屋フルールの事件記~秋山瑠璃は恋をしない~』(TO文庫)で長編小説デビュー。以来、千葉が舞台の小説を書き続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

208
現在の人生を変えることはできないというルールのもと、過去のあの日あの時あの場所(小田和正かっ!)で、後悔や分岐点で違う選択肢を歩んでやり直しのできる“まほろし駅”。(ついドラクエⅤを思い出した)駅に着いた着いた後で、更にルールはあるのは置いといて、別の分岐点を経験した人達が、何かを得て今の人生に活かしていく。なかなかいい話であった。人は誰もが後悔するだろう。この先、後悔だらけかもしれない。たまには自分を見つめ直して、よく考えて、少しでも後悔を減らして、生き方を楽しむように歩みたいと思う。2023/01/13

シナモン

124
あの時、もしも違う道を選んでいたら…。満月の夜、後悔の思いを抱えた人がたどり着く場所、まほろし駅。生きていればどうしても「たられば」を考えてしまう。自分の人生にもこれから分岐点があると思うけどなるべく後悔の少ない選択肢を選びたい…それでも100%悔いなく、なんて無理なんだろうな。その時は「人間万事塞翁が馬」の言葉を思い出したい。幻想的で素敵な物語でした。2023/03/11

おしゃべりメガネ

121
『さよならの向こう側』の作者さんによるほっこりアットホームな連作集です。『さよなら~』でみせてくれた涙腺を緩ますしっとりする描写は本作でも、しっかりと発揮されており、これからませます活躍が期待される作家さんですね。人は誰でも少なからず、過去に対する後悔している分岐点を持っていると思います。本作はそんな分岐点に現在や未来を変えられなくても、「あの時こうしていれば」の後悔を何かしらクリアにしてくれる謎の駅【まほろし】から発信(発進)します。過去はどうであれ、やっぱり今、そしてこれからが何より大切ですよね。2023/02/19

みかん🍊

95
強い後悔を抱いている人が辿り着く分岐駅まほろし、過去の分岐点へ戻る事は出来るが、そこで何かを変えても現在に一切影響を与える事はない、あの時告白していたら、受験に失敗していなければ、夢を追わず平凡な生活を送っていたら、あの時母親を病院連れて行っていれば、災害の時に妻のそばに居れたら、様々な後悔を持った人々が過去へ遡る、現在を変える事は出来ないけど、違う選択を見る事で大切な人が分かったり、知らなかった事に気づくことがある、たらればの過去を悔やむより、過去は変えられないなら気持ちを変えて未来を生きるしかない。2023/05/10

chimako

82
過去には戻れる……違う選択をした未来をみることはできる……けれどもやり直すことはできない……現在は変わらない そんな列車に乗った五人の物語。違う女性と結婚していたらば違う幸せがあったかもしれない~妹にコンプレックスを持ち、キャンパスライフを楽しめない姉の知る妹の努力と真意~誹謗中傷にさらされるミュージシャンの苦悩~母の病に心を病む娘が遭遇する事故~最愛の人を災害で亡くした男性の悲しみと再生 それぞれになぜ「今」があるのかを語りながら、選ばなかった人生が本当に幸せなのかを問いかける。軽く読める連作。2023/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20188842
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。