うさぎの町の殺人

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

うさぎの町の殺人

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月20日 09時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 378p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408538150
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

山間にあるニュータウン「三浦半島二子山ピープルタウン」。
町が造成される前から多くの“うさぎ”が棲息していたことから「うさぎが丘」と呼ばれていた。
娘の大学進学を機に越してきた黒田茂と葵の親子は、平凡な日々を過ごしていたが、
うさぎの惨殺、大学生の連続自殺など妙な事件が起きていることを知る。
不穏な空気が流れはじめた時、葵が突然の失踪。
茂は行方を探して奔走するが、町の暗部に迫ってしまい……。
次々とおこる事件が結びつく時、町に隠された恐るべき秘密が明かされる! 
親子の運命はいかに?
一気読みノンストップ・ミステリー!!

内容説明

山間にあるニュータウン「三浦半島二子山ピープルタウン」。町が造成される前から多くの“うさぎ”が棲息していたことから「うさぎが丘」と呼ばれていた。娘の大学進学を機に越してきた黒田茂と葵の親子は、平凡な日々を過ごしていたが、うさぎの惨殺、大学生の連続自殺など妙な事件が起きていることを知る。不穏な空気が流れはじめた時、葵が突然の失踪。茂は行方を探して奔走するが、町の暗部に迫ってしまい…。次々とおこる事件が結びつく時、町に隠された恐るべき秘密が明かされる!親子の運命はいかに?一気読みノンストップ・ミステリー!!

著者等紹介

周木律[シュウキリツ]
某国立大学建築学部卒業。2013年、『眼球堂の殺人~The Book』(講談社ノベルス)で第47回メフィスト賞を受賞し、デビュー。本格ミステリの系譜を受け継ぐ「堂」シリーズで人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とん大西

116
その真相。んぅ~…予想不能なお手上げ状態じゃなくて、巧い具合に散らしていくひっかかり。それはあざとかったり、時折微量だったりの硬軟織り混ぜた伏線。うさぎヶ丘で相次いで起こる不審な事件事故。葵の進学を機に街に引っ越してきた黒田親娘。平和で人心穏やかな街の裏側にあった秘密、またその奥の秘密。「やりやがったね」とおもわず呟いてしまったラスト到着点。暴かれざる秘密は何だったのか。巧さにコロコロ転がされる快感がなんともエンタメ。2022/11/05

ゆりあす62

105
★★★★☆ 大学生の娘と、レントゲン技師の父。仲の良い2人だけの家族だ。二人が住むのは通称「うさぎの町」で名前のとおりうさぎが多い。その町でうさぎの惨殺と大学生の娘のサークル仲間の連続殺人が起きた。そして、娘自身の誘拐、父親のケガ、さらに二人に近づくうさぎ殺しの犯人。うさぎを殺した犯人と連続殺人犯は同じなのか?最後に暴かれる秘密がうさぎの目のように悲しい。2023/01/10

fwhd8325

103
前半から中盤にかけて、いい感じで読んでいたのですが、次第に何かするりと抜けていくような感覚があり、後半はやや流し読みになってしまいました。商店が、次第に広がりを見せスケール感はあるのですが、物語がそれに追いついていないような感じでしょうか。2022/10/30

aquamarine

81
娘の大学進学を機に、山間のニュータウンに越してきた黒田親子。町が造成される前から多くのうさぎが棲息していたことから「うさぎが丘」と呼ばれていたその町で、娘の葵は大学の推理小説実証研究会に入部し、父は放射線技師として働くこととなり、穏やかな生活が始まったはずだったが…。部員の自殺、監禁、そして二分化されている町に隠されているものは?怪しい人物はわかりやすかった…と思ったが、それで終わりなわけがない。ひっぱられひっくり返され、ようやく顔をあげたとき…ああ周木律の作品だなあ、と思う。伏線を読み切れず完敗。2022/11/08

えみ

76
しまった!これは真実の裏に隠された真実に於いて全て見透かされ、翻弄され続けた顛末に戦慄する…最後まで気を抜いては行けない種類のミステリだったか。フッと気を抜いた瞬間射貫かれた!うさぎの町の秘密が、死体を生む。町とその秘密に関わる者の表の顔と裏の顔が憎らしいほど使い分けられていて、意外な展開も相まって若干癖が強いがさすが周木律さんの描く小説だと思った。一つの町からいくつもの事件が生まれ、保身にはしる人の醜さには呆れ、冷酷すぎる忠誠には息を呑み、動じない静寂には尊敬すら感じる。この本、読了するまで油断禁物だ!2022/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19953295
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。