Joy novels<br> 花嫁、街道を行く

個数:
電子版価格
¥1,034
  • 電書あり

Joy novels
花嫁、街道を行く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月22日 23時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 283p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408538013
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

出版社内容情報

ツアコンの久美子は、高屋医師とのデートのためホテルへ。
そこへ怪しい男が現れ、高屋を必要とする患者がいると同行を求められる。
大人しく従うが、その後、久美子だけが行方不明に。
ひょんなことから探偵事務所を開くことになった亜由美の元へ、
久美子の捜索依頼が舞い込んだ。
手がかりを探し、たどりついたのは、ある大使館。
事件は思わぬ方向へ展開し、舞台はロマンチック街道へ!
表題作のほか「あの夜の花嫁は、今」を収録。
シリーズ第35弾。

内容説明

彼女はどこへ?舞台は日本からドイツの街道へ!!ツアコンの久美子は、高屋医師とのデートのためホテルへ。そこへ怪しい男が現れ、高屋を必要とする患者がいると同行を求められる。大人しく従うが、その後、久美子だけが行方不明に。ひょんなことから探偵事務所を開くことになった亜由美の元へ、久美子の捜索依頼が舞い込んだ。手がかりを探し、たどりついたのは、ある大使館。事件は思わぬ方向へ展開し、舞台はロマンチック街道へ!表題作のほか「あの夜の花嫁は、今」を収録。シリーズ第35弾。

著者等紹介

赤川次郎[アカガワジロウ]
1948年福岡県生まれ。76年『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。80年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞を受賞。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。16年、『東京零年』で吉川英治文学賞受賞。「花嫁」「三毛猫ホームズ」「三姉妹探偵団」「杉原爽香」各シリーズなど著書多数。17年にはデビュー以来の著書が600冊を突破という金字塔を達成、作家生活40周年を迎えた。ベストセラーを生み出し続ける国民的作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

25
いきなりドイツに連れてかれちゃう亜由美。正義感の強い聡子。慌てているのか落ち着いているのかわからない亜由美の母。2022/04/05

白雪ちょこ

14
短編集全2話となっており、今回も安定で面白かった。 どちらの話も、サクサクと読み進めることができ、テンポも良かった。 表紙にも題材となっているのは、今回は作者も大好きなドイツが舞台になっている。 突然ドイツに行くことになり、そこからてんやわんやの大慌て。 ドン・ファンよりかは、あゆみが主役で(元からだが)破天荒ぶりもさることながら。 いつものように、危機一髪な展開もお約束で、最後まで楽しめる作品だった。2023/05/04

ぱりぱり

10
★★★★☆2023/07/12

寒っ!!

7
主人公は大物の悪党と対峙しても何とかなってしまうな。これまでのシリーズの話をほとんど覚えていないけど、電車に乗っているときなどの時間つぶし用だからそれでいいか。2022/10/26

蕭白

7
安定の面白さでした。2022/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19199749
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。