Joy novels<br> 十三の冥府 (新装版)

個数:

Joy novels
十三の冥府 (新装版)

  • ウェブストアに215冊在庫がございます。(2021年12月01日 15時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 428p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408537986
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

出版社内容情報

神の祟りか、人間の業か。
最果てを彷徨う名探偵・浅見光彦――

女子大生・神尾容子は八戸の蕪島で、奇妙な唄を口ずさむお遍路とすれ違う。
数日後、お遍路らしき絞殺死体が「ピラミッド」へつづく山道で発見された。
同じ頃、古文書『都賀留三郡史』真贋論争の取材で、
ルポライター浅見光彦は青森県を訪れる。
大和朝廷以前、津軽に王朝が存在したと記す三郡史を発見した神社の宮司は史実と主張。
かたや偽書だとする人々の相次ぐ不審死に遭遇する光彦。
これはアラハバキ神の祟りなのか!? それとも……。

新装版限定企画として、月刊ジェイ・ノベル連載「十三の冥府」連載執筆時の著者取材旅行中の写真を特別掲載。
ファン必携の一冊です。

内容説明

女子大生・神尾容子は八戸の蕪島で、奇妙な唄を口ずさむお遍路とすれ違う。数日後、お遍路らしき絞殺死体が「ピラミッド」へつづく山道で発見された。同じ頃、古文書『都賀留三郡史』真贋論争の取材で、ルポライター浅見光彦は青森県を訪れる。大和朝廷以前、津軽に王朝が存在したと記す三郡史を発見した神社の宮司は史実と主張。かたや偽書だとする人々の相次ぐ不審死に遭遇する光彦。これはアラハバキ神の祟りなのか!?それとも…。

著者等紹介

内田康夫[ウチダヤスオ]
1934年11月15日、東京都北区生まれ。コピーライター、CM制作会社社長を経て、1980年『死者の木霊』でデビュー。08年、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞。16年4月、軽井沢に「浅見光彦記念館」がオープンした。18年3月13日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。