ムシカ―鎮虫譜

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

ムシカ―鎮虫譜

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月10日 11時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 392p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408537665
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

襲い来る虫の大群。戦う武器は私たちの音楽(ムシカ)だけ…今最も注目の著者が放つ超弩級パニックホラー&ミステリー巨編!

内容説明

スランプに悩む音楽大学の同級生グループが夏休みに訪れたのは小さな無人島。そこには霊験あらたかな音楽の神が祀られているという。しかし、上陸し神社をお参りする彼らを待っていたのは、なぜかカメムシの大群だった。カマキリ、スズメバチ、ムカデ、そして…。次々に襲撃される彼らの危機に現れた謎の巫女たち、そして、虫の怒りを鎮める音楽「鎮虫譜」の真実とは?

著者等紹介

井上真偽[イノウエマギ]
神奈川県出身。東京大学卒業。『恋と禁忌の述語論理(プレディケット)』で第51回メフィスト賞を受賞してデビュー。2017年『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』が「2017本格ミステリ・ベスト10」の第1位となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

麦ちゃんの下僕

177
[孤島の惨劇2020④]島:瀬戸内海に浮かぶ無人島「笛島」◇虫の襲来に耐えられるかドキドキしながら読み始めたら…えっ!?巫女たちの話し言葉が“讃岐弁”じゃないですか!舞台が香川県で、しかもクラシック音楽や神社に知識のある僕にとっては、これはもう完全にどストライク!「MUSICA(音楽)」と「虫歌」をかけたタイトルも良いですね♪︎この作品はぜひ、演奏シーンも含めて実写映画化してほしいなぁ~もちろん虫の大群はCGで(笑) ところで…香川県には、こんな虫の大群が襲来するような島は実在しませんので、ご安心を(笑)2021/01/31

とん大西

129
無人島、妖しげな祭礼、視界を覆い尽くす虫の大群、その虫を鎮める万物の音色。生き残れるのか、島の呪いは解けるのか。金田一少年の事件簿さながらの謎解き冒険活劇と楽器を駆使して妖獣に挑む仮面ライダー響鬼の世界観が融合したようなエンタメ感。伏線回収もきっちりしてて読後もさわやか。面白かったが、ご都合主義的な展開にちょいと物足りなさを感じます。2020/12/20

モルク

106
5人の音楽大生が瀬戸内海の無人島「笛島」を訪れる。そこは音楽のパワースポットという話だったが…。無人島のはずが巫女がいたり、カマキリ、蜂の大群や大蜘蛛に襲われ…。次々に虫が現れきつい。虫歌とmusicaをかけているのか。女の子たちのキャラがかぶり、途中で誰が誰だかわからなくなる。井上さんは他の理系ミステリー作品の方が好きだな。2021/03/26

ちーたん

87
★★★★☆音大生5人が遊び気分で向かったのは無人島『笛島』。音楽の神が祀られた神社があるという。だが発起人はみんなに隠してた…。そこは、軽々しく足を踏み入れてはならぬ禁足地だという事を…。◆虫パニックホラー青春冒険譚!最初の襲撃時の衝撃といったら…(;:°ë°;;)下手なホラーより身の毛よだって鳥肌が一向に治まらなかった💦閉ざされた島。童話のような伝説。人を襲う凶暴な虫たち。それを鎮めるのは音楽を奏でる巫女の存在。『手足笛』の伝承の真実とは?島ではぐれる複数視点で物語は展開!いろんな要素あって楽しめた!2020/10/15

Bugsy Malone

78
蟲、妖しい伝承に孤島、音楽、謎解きものにパニックもの。どれをとってもワクワクドキドキしてしまう。お気に入りさんのそんな感想を読んでしまったら読まずにはいられない。読んでみたらこれがまた面白い!大好きな要素の上にちょっぴりツンな女の子まで。終わり方もまた良かったです。初読み著者さんで分からないけれどこれはシリーズなのかな。シリーズなら是非とも他作品も読んでみたいです。2020/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16312994

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。