あの子が結婚するなんて

個数:

あの子が結婚するなんて

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408537061
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

次の花嫁、私じゃないの!? 三十二歳の七々未は、イケメンと結婚する親友の結婚式でブライズメイドを務めることになり……。

内容説明

大手企業フクカネに勤める32歳・西岡七々未は、突如イケメン婚約者を捕まえた学生時代からの親友―ぽっちゃり系女子・小松美宇の結婚式を盛り上げる「ブライズメイド」のリーダーに任命されてしまった。友人の幸せを喜ぶ気持ちとうらやましさで複雑な心境のまま準備がはじまるなか、新郎側の盛り上げ役「アッシャー」の神崎英也に惹かれてしまい―!?痛快ブライダル・コメディ。

著者等紹介

五十嵐貴久[イガラシタカヒサ]
1961年東京生まれ。成蹊大学卒業後出版社勤務。2001年『リカ』でホラーサスペンス大賞を受賞してデビュー。お仕事恋愛小説『年下の男の子』シリーズ、警察サスペンス『交渉人』シリーズほか、コンゲーム小説、時代小説、家族小説など手がける分野は多岐にわたり、映像化作品も多数。広範な読者の支持を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナイスネイチャ

206
図書館本。4人同級生で3人が結婚するという取り残された感が漂う32歳独身女性が主人公。3人目の結婚式の盛り上げ役を頼まれ、友情と嫉妬が絡み合い、新しい出会いを期待する打算的な行動は男性の私には理解出来ない部分も。最後は友情なのねと。2017/09/24

いつでも母さん

158
「お互いを比べることで、あたしたちは関係性をつくってるんだもん」ハイ!でました~女友達の本音ですね!五十嵐作家だから簡単に「おめでと~」では終わらないとは思っていた。高校時代からの女友達5人。その中の美宇の結婚でブライズメイドを任される未だ独身の七々未。仕事と友情に、求む結婚相手の思惑が七々未を焦らせたり、過去への悔恨と次々に露わになるのだ。アッシャーで新郎の従兄弟・英也とうまくいくはずが・・同僚・高宮がこれからどう絡むのか、是非続編を期待したい。しかし、美宇の案内数に美宇の抱えていた闇を見て取れて怖い。2017/06/13

ウッディ

157
女子高時代の仲良し五人組。ポッチャリ体型で、いじられ役の美宇が結婚する。相手は絵に描いたような理想の男。結婚式の盛り上げ役、ブライズメイドに指名された七々美は、複雑な気持ちで東奔西走。そんな中、新郎側の盛り上げ役アッシャーの神崎英也に出会う。 アラサー女子の複雑な心境と友情をコミカルに描いた物語。テンポが良く、一波乱も二波乱もあり、引き込まれました。ただの良い話で終わらないのも、グッドでした。2017/09/19

紫 綺

143
中学からの親友「美宇」が婚約、結婚!?私より冴えないあの娘が・・・主人公の七々未は複雑な気分。あれやこれやと様々なエピソードを詰め込みすぎて、何に笑っていいのか、何に感動すればいいのか、スッキリしないままのドタバタコメディ。2017/08/29

kaz

129
コメディか?女は笑えない人多そう。マザコンと結婚するしかない美宇を笑える人いてへんやろ。マウンティングしないで生きていけるなら、それに越した事はないけども。一生懸命生きてれば報われるかってーと、そんな事はないって思い知らされる事も多いし。小説としては、面白かったけど。ほろ苦い後味です。2017/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11814059

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。