風を繍う

個数:

風を繍う

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月18日 10時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408536910
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

その手に持つのは剣か、針か。身分を捨て刺繍の道を志す若侍と町娘の青春ドラマを描く、待望の時代ミステリー新シリーズ。

内容説明

江戸・深川の縫箔(刺繍)屋丸仙の娘・おちえは、「弟子入りしたい」と突然丸仙を訪れた美しい若侍・吉澤一居に心を奪われる。一居はなぜ、武士の身分を捨ててまで刺繍職人になることを切望するのか。そして江戸中を震撼させた娘斬殺事件の行方は―。

著者等紹介

あさのあつこ[アサノアツコ]
1954年岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。小学校講師をへて、1991年デビュー。『バッテリー』で野間児童文芸賞、『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、『バッテリー』シリーズで小学館児童出版文化賞、『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞。児童文学からヤングアダルト、現代小説まで、ジャンルを超えて活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

112
あさのさんの新シリーズ。まだまだ先は読めないが、剣才ある刺繍屋の一人娘・おちえが活き活きしていて楽しみです。そしてもう一人、武士を捨て刺繍職人を目指す・一居・・こちらの素性ははっきりしたものの、この二人が今後どう絡んでいくのか、どんな事件が待っているのか期待したいところかと・・でもね、弥勒シリーズを待って待って、待っているのですよ~!新シリーズも良いけれど、なんとかならないかなぁ。って、勝手な読者で申し訳ない(汗)2016/09/08

優希

97
とても清々しい時代小説です。江戸の市井の人々と剣の強い少女・おちえの生き生きとした姿が印象的でした。成長とほのかな恋を交えながら、ミステリーの要素もあって色々な設定を織り込み過ぎた感を受けますが、サラリと読めるだけでなく、何処かあさのさんの時代小説だなという安心感があります。これから先を思わせる終わり方も好みでした。シリーズものとして物語が続いて欲しいなと思います。おちえの成長を見ていきたいなと。2017/02/16

ゆみねこ

77
縫箔屋の娘・おちかは、お針の腕はダメだけど、剣の才能がある。江戸市中では年若い娘が切り殺される事件が相次ぐ中、おちかも危うい目にあう。父の店丸仙には、弟子入り志願の若侍が現れ、殺人事件の謎を追うことに。真犯人はちょっとあっけなかったですが、登場人物は魅力的なので、シリーズ化したら追いかけます。読みやすかったので2時間で読了。2016/09/18

くりきんとん99

61
なるほど。こういう感じなのか。軽いとまでは言わないけど、さわやか~な感じで描かれている。もうちょっと重めのものを想像していたので若干物足りない。他のシリーズも読んでみよう。2016/10/27

ぶんこ

60
あさのさんの江戸市井の人々の物語で、大好きな設定なのですが、今回はサラッとした流れで読み終わった感じです。縫箔屋の一人娘おちえのキャラになんとなく馴染めず、母親のお滝さんの方が好ましい。2000石の侍の身分を捨て、縫箔屋に弟子入りした吉澤一居。優男、イケメンのようですが、伊上のガサツな明るさに魅力を感じてしまいました。シリーズ化されるようで、読み続けるかは微妙な気分です。2017/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11120023

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。