はじめからその話をすればよかった

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408536323
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

瑞々しくて、あたたかい宮下小説ワールドの原風景を網羅。小説を書く理由、自著の創作秘話、三人の子供たちを愛おしむ日々、大好きな本や音楽と共にある暮らし…デビューから9年間で紡がれたエッセイ81編+単行本初収録の掌編小説4編。

目次

日々、つれづれ(ひよこ豆、おはじき、蝉の抜け殻;オムレツ以後 ほか)
掌編 オムライス
本のことときどき音楽、漫画、映画(確かに存在していた―『野性の葦』;だいじょうぶ、だいじょうぶ―『こんとあき』 ほか)
掌編 あしたの風
掌編 ちゅうちゅう
自分の本を解説(『スコーレNo.4』;『遠くの声に耳を澄ませて』 ほか)
ひとさまの本を解説(山本幸久『男は敵、女はもっと敵』;辻村深月『太陽の坐る場所』 ほか)
掌編 サンタクロースの息子

著者等紹介

宮下奈都[ミヤシタナツ]
1967年福井県生まれ。2004年「静かな雨」で文學界新人賞佳作に入選。07年に刊行された初の長編『スコーレNo.4』が話題になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。