竹島

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 386p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408536040
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

交渉力にたけ、金だけを信じる青年・健哉が知り合った老人の坪山は、竹島問題の決定打となる先祖伝来の和本を有していると打ち明けた。健哉は、外務省に買い取りをもちかけるが、若手官僚の滝井ことみに体よく断られる。次に健哉は韓国外交当局と交渉するが…。和本には、竹島が日本領とも当時の朝鮮領とも取れる記述があるのだ。事態打開のため日下部外相は、健哉側と韓国側一同を日韓サッカー戦のスタジアムへ集めた。そこで提案された、世にも稀なる大博打とは―。歴史サスペンス&コン・ゲーム小説。

著者等紹介

門井慶喜[カドイヨシノブ]
1971年、群馬県生まれ。同志社大学文学部卒業。2003年、「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞。06年に『天才たちの値段』(文藝春秋)でデビュー。美術、学術などをテーマにしたミステリーで、日本推理作家協会賞候補にもなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Aya Murakami

68
空飛ぶタイヤの裏に紹介されていたので図書館で借りてきた本。 タイトルだけだとデリケートな雰囲気が漂う一冊です。 日韓双方の国益を左右する古文書…。江戸時代の本ということで実際には近代の産物である国境への影響力があるのか個人的に疑問ですが、古文書にあるとおり竹島の地位は国際関係で変動しているというのは納得です。国際法に限らず法律全般は力関係がものをいうのかも…?力の強い男性に有利な法律ってまかり通っていますしね。2019/06/09

タックン

43
竹島って題名に惹かれて借りて読んだ。読みやすいけど作家が竹島って旬な話題でゲーム感覚で遊んで書いたって感じがして拍子抜けしちゃった。コンゲーム物は苦手だなあ・・・。 まあそれなりに歴史と領土問題の勉強にはなったかな。 実際に和本があったら、この小説以上にどろどろした争いになるんだろうなあ?・・・・。2012/10/07

RIN

28
『屋根をかける人』で初読み、良かったので本作を。国際謀略ものか?軍事オペレーションか?な題名ではあるものの、一種のゆる~いコンゲーム。痛快さがないでもないが、今の日韓のビミョーな状況からすると性善説に過ぎるかな~(笑)。ひらがなと改行と会話文を多用した独特の文体は読みやすいし、情景を容易に思い浮かべられる表現の巧さにあっという間に読めてしまうが、やや物足りなし。しかし、この緩さ、日本人も韓国人も右翼も左翼も一読をおススメする(笑)。肩の力が抜けるかも(笑)(笑)2017/02/23

pom

22
某国大統領の上陸問題が起こる前に出版されていた小説です。竹島はいったいどちらの国に領有権があるのか?江戸時代に書かれた和本「たけしま一けん」。この和本をめぐり、所有者の代理人 土居健哉の巧みな話術に翻弄される両国外務省。いやはや…言葉の駆け引きが面白かった。何処までが歴史としての事実で、何処からがお話なのか…分からなくなる程、引き込まれました。門井さんの小説は派手な感じではありませんが、独特の味わいがありとても好きです。2012/09/10

kochanosuke

21
良かった。出だしに「何だそりゃ」とおもったけど、話の勢いに乗せられて夢中で最後まで読まされてしまった。アイデア一発という気もしないではないが…。この作者さんは次を読んでみたい。2012/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5169285

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。