食のほそみち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408534121
  • NDC分類 596.04
  • Cコード C0095

目次

哲学的な食べ物
テレビと食べる
カクテルグラスで…
キッチンの未決箱
つだ餡とこし餡の内戦
鍋物豆腐不要論
苺のトラウマ
ぽん酢・ゴマだれ、究極の選択
「無駄海老」がある限り
「粒モノ」と理想のサイズ〔ほか〕

著者等紹介

酒井順子[サカイジュンコ]
1966年東京生まれ。立教大学社会学部卒業。高校在学中からコラムニストとして活躍。日常生活を独特の視点で見つめるユーモアあふれるエッセイが人気
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

17
素朴な視点なのに何でこんなに面白いのだろう?その鋭い視点とユニークな分析で人気の高いコラムニストが送る食に関するエッセイ集。現代日本の食生活への疑問、食文化の変遷など何気なく見のがしてきた食に関するあれこれが詰まっている。2002/06/30

ゆうこ

9
☆しょっぱなの『自分は米・水・豆腐のうまさの違いが分からない』にやられた。自分もです!!!たぶん食べ比べたらわかるだろうけど、日常生活では米食べ比べなんかないし。食に対して一歩ひいている目線の酒井さんが書く食に対しての本。読んでいるうちにおいしいご飯食べよ。と思うから不思議。2012/07/16

さくちゃん

6
ある料理や食材についてというよりは、食文化や食生活についてのエッセイ。ユーモアのあるネーミングや表現が多々出てきて、クスッとしてしまう面白さでした。2013/08/18

Keystone

5
最初の「ご飯、豆腐、水」の美味しさの違いが分からない」に同感!私も分かりません。他にも共感するところが多くて、面白かったです。「ラップ依存症」の「前日の残り物を温めて、はがしたラップは使用済避妊具のよう」に笑いまいた。2012/08/30

朱音

5
食のエッセイ…といえばそうなんだけれどいわゆるグルメな話ではなく、また「B級グルメ」でもない作者独特の視線から見られているところがいい。2002/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/423565

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。