ジュリエットの悲鳴

ジュリエットの悲鳴

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408533346
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

’90‐’98未収録短編集。初期短編から最新ショートショートまで全12編、雑誌未掲載の結末も収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みっちゃん

36
短編集。どれも面白かったが「登竜門が多すぎる」は出色の出来。ワープロソフト⚪️太郎…の下りが特にお気に入り。「夜汽車は走る」「ジュリエットの悲鳴」も良かった。「パテオ」の皮肉なラストも、あとがきにもある通り落語のオチみたいで楽しめた。江神さんも火村さんもいなくても、有栖川有栖は面白い!2015/06/29

みなみ

20
再読本。以前読んだときと同じく「登竜門が多すぎる」が印象に残ったので、約三年前と感性は変わっていないことを感じた。一太郎を知らない人には面白さ半減なんだろうが、今でも世間では使われているんだろうか…?「パテオ」のブラックユーモアたっぷりなラストや、宇宙人達の中で犯人を探す「タイタンの殺人」等、バラエティ豊かで楽しめた。2020/12/26

そのぼん

17
超短編ばかりを集めた作品でした。 ミステリーだけでなく毒のきいたものもあって面白かったです。2012/06/24

yumiDON

16
盛りだくさんの短編集。有栖川さんの引き出しの広さがうかがえる。世にも奇妙な物語に出てきそうな話が結構あって面白かった。「落とし穴」や「夜汽車は走る」はニヤリとしてしまう話。「登竜門が多すぎる」はちょっと星新一テイストでよかった。特に好きなのは、「危険な席」。こういうちょっとなつかしのミステリー、いいなあ。2014/06/19

グリーンクローバー☘

11
初読み有栖川さん。読みやすかった。 短編集でどれも面白い。「危険な席」「パティオ」が好き。「パティオ」のラストが好き。 2017/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563481

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。