ジョイ・ノベルス<br> 黄金の石橋 (新装版)

個数:

ジョイ・ノベルス
黄金の石橋 (新装版)

  • ウェブストアに26冊在庫がございます。(2017年10月22日 10時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 288p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408505596
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

テレビドラマで浅見光彦役を演じる俳優・絵樹卓夫が軽井沢のセンセに相談をもちかけた。鹿児島に住む母親が「金の石橋」の古文書を渡せと謎の男に脅迫され、絵樹は“名探偵・浅見”による解決を願っているらしい。折しも「旅と歴史」藤田編集長から、南九州の石橋の取材と、女子大生・緩鹿智美の素行調査を頼まれた浅見。センセの要請も併せて引き受け、鹿児島を訪ねた直後、智美の交際相手の父親が殺された。金の石橋と恐喝と殺人―三つの絡み合った謎に浅見が挑む!内田康夫×榎木孝明スペシャルトーク収録!

著者紹介

内田康夫[ウチダヤスオ]
コピーライター、CM制作会社経営を経て、1980年『死者の木霊』でデビュー。08年、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞。16年4月、軽井沢に「浅見光彦記念館」がオープンした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

テレビドラマで浅見光彦役を演じる俳優が、軽井沢のセンセに相談をもちかけた。依頼に応じて南九州を訪れた浅見が謎に挑む!