Joy novels<br> 鏡の女 (新装版)

個数:

Joy novels
鏡の女 (新装版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年07月21日 13時48分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408505558
  • NDC分類 913.6

内容説明

浅見光彦のもとに奇妙な宅配便が届いた。ダンボール箱の中身は姫鏡台。送り主は浅見の淡い初恋の相手・夏子だった。戸惑いを覚えつつ、彼女が嫁いだ田園調布の豪邸を訪ねると葬式の最中。亡くなったのは夏子当人だという。浅見は姫鏡台の裏に、かつて二人で決めた秘密の暗号文字を見つける。解読すると「HELP(助けて)」という言葉が現れた。夏子は浅見に何を伝えたかったのか!?(「鏡の女」)。「鏡」にまつわる三つの事件と、名探偵の活躍を収めた中編ミステリー集。

著者紹介

内田康夫[ウチダヤスオ]
コピーライター、CM制作会社社長を経て、1980年『死者の木霊』でデビュー。2007年、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年4月、軽井沢に「浅見光彦記念館」がオープンした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

浅見光彦の元に突然、初恋の女性から姫鏡台が届く。そして彼女の死の知らせが…。鏡にまつわる三編を収めた傑作推理小説集!