Joy novels<br> 十津川警部捜査行―車窓に流れる殺意の風景

個数:

Joy novels
十津川警部捜査行―車窓に流れる殺意の風景

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年10月02日 03時56分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 248p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408505473
  • NDC分類 913.6

内容説明

事件の発端は、テレビに出演していた女占師の予言だった。東北地方のどこかで、列車事故が起きると言うのだ。さらに週刊誌でも、彼女は事故の予言を続けた。鉄道会社としては見過ごすわけにはいかない。鉄道会社の社員は知り合いの十津川警部を訪ねた。しかし事件が起きていないのだから、警察が動くわけにはいかない。十津川は部下の刑事にひそかに女占師の周辺を調べさせた。そこで見えてきた事実は…。

著者紹介

西村京太郎[ニシムラキョウタロウ]
昭和5年、東京に生まれる。公務員生活ののち、数々の職業を経ながら、創作活動を続ける。昭和38年、『歪んだ朝』でオール讀物推理新人賞、昭和40年、『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞し、推理作家としてデビュー。昭和56年、『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞し、推理界に不動の地位を築く。平成13年湯河原町に「西村京太郎記念館」をオープン。平成16年に、第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。平成22年、第45回長谷川伸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

東北の列車で事故が起きる…。女占い師の予言に疑問を持った十津川警部が捜査に乗り出した!十津川捜査行シリーズ最新刊!!