親子で育てる折れない心―レジリエンスを鍛える20のレッスン

個数:
電子版価格 ¥1,144
  • 電書あり

親子で育てる折れない心―レジリエンスを鍛える20のレッスン

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408455211
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0037

内容説明

レジリエンスを身につけた子は心が変わる!考え方が変わる!行動が変わる!「心の強い」子どもの育て方。

目次

序章 レジリエンスとは?
第1章 「自尊心」を高める
第2章 感情調節の方法を学ぶ
第3章 自己効力感を高める
第4章 楽観性を高める
第5章 人間関係の質を高める

著者等紹介

久世浩司[クゼコウジ]
ポジティブサイコロジースクール代表。1972年岐阜県大垣市生まれ。慶應義塾大学卒業後、世界最大の消費材企業P&Gに入社。化粧品事業のマーケティング責任者としてブランド経営と商品開発に国内と海外で携わる。国内初のポジティブ心理学の社会人向けスクールを設立、代表として就任。ポジティブ心理学をビジネスの現場で活かす人材の育成に関わる。専門はレジリエンス。応用ポジティブ心理学準修士課程修了、日本ポジティブ教育協会代表理事、認定ポジティブ心理学コーチ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かいてぃ〜

10
久世さんの『「レジリエンス」の鍛え方』を読んだ後に、我が子にも後々必要になる要素かな?と思い、こちらも読んでみました。子供がまだ幼いので「親子のワークシート」は一緒に考えるまでは出来ませんが、普段からのポジティブストロークは、意識して多めに発したいと改めて思いました。例えると、竹の様な強くしなやかで弾性のあるマインドを親子で育むこと、これをまずは親が理解して実践しないと、子供に教えることは到底出来ません。知っていて損は無いと思います。2015/11/06

tellme0112

5
意外とやってきたことだった。自分は楽観主義だったのか?時々あまりにも悲観的な部分しかみられなくなる。子どもには、自分の逆境は生々しすぎて言えない。私も生き延びたのだから、お前も生き延びろとは言えない。今でも自分が生き延びたことが奇跡で、息子が存在することが奇跡の中の奇跡だと思う。もう少し子どもにポジティブな言葉かけをしよう。2017/03/13

くりこ

4
分かりやすくて良かったです。まずはポジティブ・ストロークを大切にしていきたい。多くの人にも知って欲しいと思いました。2019/01/04

月と星

3
★★★★IQや学歴よりレジリエンスが人生の成功・幸せを決める,に激しく同意します。レジリエンスとは①回復力②緩衝力③適応力であり,構成要因は①自尊心②感情調節③自己効力感④楽観性⑤人間関係である。2019/02/28

Jun Sato

1
仕事で読んでみた。内容はともかく,分かりやすく書かれている。売れる本ってのは,こんな風に書くもんなんだと。あ,売れてるかどうか知らないけど。そこが勉強になりました。内容も悪くないです。特に新しいことは書いてないけど。2017/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8318896

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。