彼らのルーツ―サッカー「ブラジル」「アルゼンチン」代表選手の少年時代

個数:

彼らのルーツ―サッカー「ブラジル」「アルゼンチン」代表選手の少年時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月07日 12時24分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408454887
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

内容説明

現地在住の著者が南米サッカーをひも解く!貧困、家族との絆、指導者との出会い、人生のターニングポイントが語られる!

目次

BRAZIL(ネイマール―夢の力を信じて;ダニエウ・アウベス―真の世界一を目指す;チアゴ・シウバ―絶望を乗り越えて;フッキ―超人フッキの挑戦;ラミレス―慎ましやかな夢の続き;オスカル―天才少年の歩んだ茨の道)
ARGENTINA(リオネル・メッシ―歓喜のゴールは天国の祖母への贈り物;ハビエル・マスチェラーノ―生まれながらのボランチ;パブロ・サバレタ―生まれ持ったキャプテンシー;セルヒオ・アグエロ―貧しくてもサッカーができる喜び;アンヘル・ディ・マリア―故郷の誇りを胸に刻んで;ゴンサロ・イグアイン―家族の決断が生んだ“アルゼンチンの背番号9”)

著者等紹介

大野美夏[オオノミカ]
ブラジル、サンパウロ在住。岐阜県出身。大学在学中に1986年メキシコW杯をテレビで観戦。大学を卒業後、1992年にJICA(国際協力機構)のボランティアとしてブラジルへ渡る。本場のサッカーを目の当たりにし、サッカージャーナリストを志す。その後、日系2世と結婚して定住。サッカー専門誌などで執筆、翻訳に携わり、スポーツ新聞の通信員も務める

藤坂ガルシア千鶴[フジサカガルシアチズル]
アルゼンチン、ブエノスアイレス在住。北海道出身。大学在学中からサッカー専門誌『サッカーダイジェスト』にアルゼンチンサッカーの記事を寄稿。1989年に大学を卒業後、単独でアルゼンチンへ渡り、そのまま定住。結婚後はチヅル・デ・ガルシアの名前でスポーツ紙や専門誌に南米サッカーの情報を送り続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。