足についての本当の知識―痛みや悩みを解決する!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784408454238
  • NDC分類 494.67
  • Cコード C0047

内容説明

「立つ」「歩く」など、人間の動作の基点を作っている「足」。「体の動き」と「足の構造」の関係性を知り、足の環境を改善すれば、外反母趾や腰痛、肩こりなど体の痛みや悩みを改善することができる。

目次

1 本当の足の話―「足」はただの「塊」ではない!その緻密構造と働き
2 外反母趾の話―外反母趾はカカトの病気!
3 体が悲鳴を上げる「足」の問題―「足」の問題は腰、肩、首などに波及するのか?
4 立つこと歩くことを考える―しっかり立つ、踏みしめて歩くが本当にいいの?
5 ランニングブームと足の問題―「歩く」と「走る」を分けているのは人間だけ!
6 「足」と「体」…おまけの話―「左足と右足の不思議」・「足」とアンチエイジグ?

著者等紹介

水口慶高[ミズグチヨシタカ]
1963年、長崎県生まれ。SUPERfeet Japan(株式会社インパクトトレーディング)所属。アメリカ足病医学バイオメカニクスに基づく機能的足底板理論、およびキャスティング技術をカリフォルニア足病学カレッジ名誉教授Christpher E.Smith(足病医)に師事。アスリートへのアドバイジングをはじめ、理学療法士を対象とする足部セミナー講師として活躍

木寺英史[キデラエイシ]
1958年、熊本県生まれ。筑波大学体育専門学群卒。九州共立大学スポーツ学部准教授。常歩身体研究所代表。剣道教士七段。小田伸午(関西大学人間健康学部)・小山田良治(五体治療院代表)ともに、常歩研究会を主宰。「二軸理論」をはじめとした身体操作を提唱し、スポーツや武道において先進的な動作研究者として活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。