ブルーガイド
山と写真―カメラを持って山に出かけよう

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 77p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784408453880
  • NDC分類 743.5
  • Cコード C0075

内容説明

おすすめ撮影地(箱根、丹沢、北八ヶ岳、尾瀬、北アルプス)マップ収録。高尾山撮り下ろしミニフォトブック付き。

目次

1章 山で写真を撮ること(光;発見;空気;偏愛 ほか)
2章 山に出かけて写真を撮ろう(高尾山に登ろう;一緒に登った道具たち;高尾山での1日;高尾山コースマップ)
3章 おすすめ撮影地ガイド(箱根;丹沢;北八ヶ岳;尾瀬(尾瀬ヶ原;尾瀬沼) ほか)

著者等紹介

野川かさね[ノガワカサネ]
1977年、神奈川県出身。国際基督教大学卒業。その後、日本大学大学院芸術学研究科で写真を学ぶ。写真家・ホンマタカシ氏に師事したあと、2005年にフリーランスとして独立。撮影した山の写真は山雑誌だけでなく、カルチャー誌など様々な雑誌の誌面を飾っている。また、写真集や展覧会などで精力的に作品を発表し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

goro@80.7

53
インスタ見てると綺麗すぎる写真ばかり目立って、初めは凄いなと感心しましたが見続けると食傷ぎみです。作りモノじみてもうイイかなと思ってしまう。そんなときには野川かさねさんの写真で癒される。偏愛モノとして登山道を示す赤い布の写真があるけど、一度も写したことなかった。人それぞれ見ているものは同じなんだろうけど、感じ方は違うんだな。またカメラ欲が出てきてしまった。フォトブックいいなぁ~。2020/12/10

booklight

30
野川かさねの山の写真に惹かれて。『これを撮らないのはもったいない』と思って撮り始めた山の写真。だから登山や山への興味でなく、心を動かされることが山であることが多い、ということが分かる。山の写真のガイドブック的にしてある。テーマ別に写真が分かれているのもHOWTOっぽくしていて逆に興が削がれるが、こんなこと考えてとっているんだ、とわかっておもしろくもある。『テーマ03 空気』『山の一部になって撮る』が、書いてあることはよくわからないけど写真は、まさに「野川かさね」でいい感じ。2021/08/14

ichi

19
【図書館本】 野川かさねさんの素朴タッチの写真がとても好きです。ココロがホッとする気持ちとなります。2017/11/02

tom

10
風景写真を撮るのは、とても難しいと思います。著者は、心を無にして山に向かうと書いているけれど、だからどうなの。そういう境地には入れないよねとため息。何枚か、よろしい山の写真がありました。2018/06/19

ろく

6
北八ヶ岳を撮らせたら右に出る者がいない野川氏の写真ガイド。この本に掲載されている写真も半数以上が八ヶ岳。写真ガイドではあるけど、技術的なことは一切書かれていないのが逆に清々しい。2021/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5180391

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。