グアルディオラのサッカー哲学―FCバルセロナを世界一に導いた監督術

個数:

グアルディオラのサッカー哲学―FCバルセロナを世界一に導いた監督術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月24日 00時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 194p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408453248
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

内容説明

史上最強チームで6冠達成!若き天才監督が語る「強く魅了するサッカー」。

目次

プロローグ グアルディオラが監督として成功した理由
序章 グアルディオラ監督誕生―「私は決して世界で最も優れた監督ではない」
第1章 バルサの精神―「バルサは世界で最もカンテラが機能しているクラブである」
第2章 グアルディオラとクライフ―「クライフが現代サッカーの基礎を作り、バルサの基礎を作った」
第3章 最高の選手に囲まれて―「私のサッカー哲学にシークレットはない」
第4章 成長の地、カンテラとマシア―「私はマシアでの生活が大好きだった」
第5章 グアルディオラの監督術―「すべての責任は私にあるし、その時の覚悟は当然できている」
第6章 創造性を持つサッカー狂―「私の選手たちに対する信頼は不変だ」
第7章 勝者の条件―「結果と内容の両方で納得のいくサッカーをしたい」
第8章 独自のリーダーシップ―「世界にはバルサの哲学を愛してくれる人々がたくさんいる」
エピローグ バルサのために生きる男

著者等紹介

今井健策[イマイケンサク]
1978年生まれ。株式会社ファンルーツ取締役。米国サンタモニカカレッジ卒業後、アルゼンチンでコーチングを学ぶ。2003年に株式会社ファンルーツを設立し、サッカーを通じた日本と外国との国際交流活動に力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。