冒険家―75歳エベレスト挑戦記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784408451657
  • NDC分類 292.58
  • Cコード C0075

内容説明

不整脈を患い、二度の心臓手術を経て、エベレストに挑戦。冒険スキーヤー・三浦雄一郎の究極のアンチエイジングプロジェクトのすべて。

目次

第1章 三度目のエベレスト(75歳、挑戦の意義;不整脈との闘い ほか)
第2章 エベレスト街道を行く(長い道のりの始まり;若者達との時間 ほか)
第3章 ベースキャンプでの生活(チョモランマからエベレストへ;温暖化の影響 ほか)
第4章 登頂アタック開始(温度差100度の苦難;死の領域を進む ほか)

著者等紹介

三浦雄一郎[ミウラユウイチロウ]
1932年青森市生まれ。北海道大学獣医学部卒業。1964年イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加、当時の世界記録樹立。1966年富士山直滑降。1970年エベレスト8000m世界最高地点スキー滑降を成し遂げ、その記録映画はアカデミー賞を受賞。1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年5月、次男の豪太とともに世界最高峰エベレスト(8848m)登頂。当時の世界最高年齢登頂(70歳)と初の日本人親子同時登頂の記録を樹立(ギネス掲載)。アドベンチャースキーヤーとしてだけでなく、全国に1万人の生徒がいる広域通信制高校、クラーク記念国際高等学校の校長として、また行動する知性人として国際的に活躍している。記録映画、写真集、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。