• ポイントキャンペーン

じっぴコンパクト
なぜ、多くのゴルファーは「開眼!?」してもスコアアップにつながらないのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408451572
  • NDC分類 783.8
  • Cコード C0275

内容説明

「開眼!?」してうまくなったつもりが、長続きしない。そんなことを繰り返してばかりで、なかなかスコアアップしないのは、なぜか―。「素振りどおり」に打てない、スイング改造のはずが「改悪」になってしまう…など、ゴルファーが抱える悩みの多くは、あなたがとらわれている「常識」と「思い込み」を疑うことで解消する!技術・心理の両面から上達を妨げる盲点をつく、迷えるゴルファー必読の一冊。

目次

プロローグ ゴルフは「認識を正す方法」を学べるアイテム
第1章 スコアを減らすヒント
第2章 ショット力を上げるヒント
第3章 スイングの迷宮脱出のヒント
第4章 体の動きをよくするヒント
エピローグ 自分のやり方は自分で作り上げていこう

著者等紹介

角田陽一[ツノダヨウイチ]
1956年東京都生まれ。学生時代は470級のヨット選手として国体に出場。1986年月刊『ゴルフクラシック』編集長に就任。1992年フリーのスポーツライターとなる。現在は主にゴルフ誌などへの執筆活動を行い、ゴルフのメンタルコーチとしてツアープロなどへのコーチングも行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

23
ゴルフと言うスポーツは、開眼して上手くなったつもりで望んでもまた元の木阿弥。長続きしない。 苦手なラフからのアプローチを何度も何度も練習しても、5回に一回成功すれば良いくらい。コースで実際に打ってみると失敗ばかり。 どうやらゴルフは相当メンタルに左右されるスポーツのようだ。普通スポーツする人は結果に対して良いわけをするものだが、ゴルフの場合は仕事が忙しくてラウンド前に練習できなかったとか、前日よく眠れなかったといった会話から入ってミスする予防線を張るらしい。確かにやる前から言い訳するのは珍しい。2019/08/16

かっちゃん

2
ゴルフはメンタルのスポーツでもある。この本はメンタル面で考えさせられることがあり参考になった。2009/12/20

マキシマリスト

1
ゴルフは人生の縮図なんて言われます。実人生においては情報が洪水のようにあふれています。必要な情報を選り分けるスキルがとても必要であります。ゴルフにおいても同様で、情報は洪水のよう。しかも、氾濫しているそれらは玉石混交。重要・必要な情報を選り分ける能力が、ゴルフでも必要みたいです。2015/09/20

MIC

1
一番印象的だったこと。インパクトの瞬間は腕が伸びた状態になっている必要があるが、それがなかなかできない。筋肉には曲げる筋肉と伸ばす筋肉があり、力を入れると通常曲げる筋肉が使われるため、腕に力を入れると腕が曲がってしまう。力を抜いてスイングしないといけないというのはそういうことらしい。伸ばす筋肉を意識的に使うようにすればいいのかも。2015/01/29

なんと

1
2008/05/282015/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/86029

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。