童謡・唱歌の美しい日本語

個数:

童謡・唱歌の美しい日本語

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2021年12月06日 11時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784408421056
  • NDC分類 767.7
  • Cコード C0076

出版社内容情報

知っておきたい日本語の基礎知識

言葉を知れば、歌うことがもっと楽しくなる!!



【全44曲の歌詞と、200以上の言葉を紹介】

『朧月夜』『仰げば尊し』『八十八夜』『春の小川』『椰子の実』『紅葉』『ふるさと』『浜辺の歌』など



童謡・唱歌の歌詞は、“言葉の宝庫"です。

それがすでに頭の中にあるということは、実はすごいこと。

この本をガイドに、先人たちの遊び心、明治・昭和時代の暮らし、

そして、日本人の心と出会いましょう。



たとえば……



“からす"なぜ鳴くの…『七つの子』より

この一節、そして、あとの一節「かわいい七つの子が…」、

どちらも「かー」と音を響かせて歌い出します。

この音にはからすの鳴き声が重ねられており、私たちはこの歌をうたうたび、

自然とからすの鳴き真似をしていたのです。



“あおげば"尊し わが師の恩…『あおげば尊し』より

「仰ぐ」とは、尊敬する人から教えを受けること。

一方、「思い出す、振り返る」といった意味もあります。

この言葉からゆっくりと歌いだすことで、2つの意味が、混ぜた絵の具のように心に沁みます。



“さくら さくら" 弥生の空は …『桜』より

「さくら」と口ずさむとき、私たちの目には自然と「咲く」光景が浮かびます。

これは、偶然の出来事ではありません。

桜の語源は、「咲く」+「ら(=もの)」。桜の花は、枯れることなく美しい姿だけを見せて散る、

いわば「咲く」ものの象徴です。

「さくら」とくり返し口ずさむことでただようあの幸福感は、先人から私たちへの贈り物です。

内容説明

四季のうつろいを味わう、日本の営みを愛でる、日本の習わしに触れる、幼心を取り戻す、古典に親しむ、言葉の数々を収録。現代語訳と解説付きでわかりやすい!

目次

第1章 自然を味わう歌(桜(さくらさくら)(明治21年版)
霞か雲か(明治16年版) ほか)
第2章 生活を尊ぶ歌(故郷;茶摘 ほか)
第3章 文化を楽しむ歌(一月一日;蛍の光 ほか)
第4章 童心にかえる歌(春よこい;金魚の昼寝 ほか)
第5章 古典に親しむ歌(花;荒城の月 ほか)

著者等紹介

高橋こうじ[タカハシコウジ]
1961年、埼玉県生まれ。慶応義塾大学文学部在学中からテレビ番組の企画等に携わり、卒業後プロのライターに。主にドラマ、商業演劇の企画をおこなう。「言葉とは何か」をテーマにしたシナリオ「姉妹」では、第十回読売テレビゴールデンシナリオ賞で優秀賞を受賞した。2000年からは、言葉と会話をめぐる人間心理についての研究に力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。