「生きる」ってなんだろう〈6〉ホームレスだったぼくから、きみたちへ―共に生きる社会を考えよう

個数:
  • ポイントキャンペーン

「生きる」ってなんだろう〈6〉ホームレスだったぼくから、きみたちへ―共に生きる社会を考えよう

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • 商品コード 9784408416359
  • Cコード C8037

内容説明

この本では、ホームレスだった人の生き方や考え方を聞き、彼らもけっして私たちとは無関係な「特別な人たち」ではないということを理解する。

目次

どうしてホームレスになるのでしょうか?
ホームレスの人は、どんな生活をしているの?
ホームレスはふつうの人ではないのでしょうか?
もとの生活にもどるのはたいへんなことです
人にはいろんな生き方があります
家族が心のささえです
読者の手紙から学んだことがあります
ハウスレスとホームレス
それでも子どもたちとはつながっています
ブックガイド ホームレスについて考えるための9冊

著者等紹介

松井計[マツイケイ]
作家。1958年、愛媛県生まれ。亜細亜大学卒業後、英語講師、古書店店主などをへて、作家活動に入る。松井永人のペンネームで戦争シミュレーション小説や時代小説を多数発表。2001年1月、住宅トラブルに借金、妻の病気、予定していた単行本の出版中止などが一挙に重なり、身重の妻と3歳になる娘を福祉施設にあずけ、真冬のホームレス生活に入る。それからの半年あまりの日々をつつみかくさずつづった『ホームレス作家』は「現役作家すらホームレスになる時代」として反響を呼んだ。日本文芸作家協会会員

磯倉哲[イソクラテツ]
イラストレーター。1943年、東京生まれの茨城育ち。中央大学卒業後、しばらく商業デザイナーをやったのち、イラストレーターに。文芸誌や新聞小説のさし絵を描くかたわら、主夫業もかるがるとこなす
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。