乙女の美術史 世界編

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408411606
  • NDC分類 702
  • Cコード C0095

内容説明

古代から現代まで世界中の「美」は乙女のために。

目次

第1章 古代・中世(夫婦の仲は永遠に―エジプト『ネフェルティティ胸像』;本当はコワい「テルマエ・ロマエ」―ローマの大理石彫刻;ツボや皿に同性愛アートが!?―ギリシャの陶芸 ほか)
第2章 近世(超ナルシストな元・美少年―ダ・ヴィンチ;筋肉大好きのだめんず・うぉ~か~―ミケランジェロ;空虚さを美に変えた「おひとりさま男」―ボッティチェリ ほか)
第3章 近現代(『裸のマハ』はスペイン宮廷一の女傑?―ゴヤ;慰みモノになっても、めげない「乙女の誇り」―ドガ;「男」のコンプレックスが生んだ「オネエ芸」―ロートレック ほか)

著者等紹介

堀江宏樹[ホリエヒロキ]
作家。1977年生まれ。大阪府出身。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒。女性の気持によりそって日本史を見直した『乙女の日本史』(東京書籍)、『乙女の日本史文学編』(実業之日本社)など、日本史・世界史を問わず、歴史が本来持っている楽しさを現代的な視点で紹介する著書多数

滝乃みわこ[タキノミワコ]
編集者兼イラストレーター。1977年生まれ。広島県出身。広島修道大学人文学部人間関係学科心理学専攻卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kumicom

50
ロココ=「暮らしの手帖」と「家庭画報」をミックスさせた感じ。あー、なるほど、わからないようでなんとなくわかるかも!「考える人」は「考えすぎの人」だった!モネの「積み藁」シリーズ。確かに何が面白いんだか。うまいけど。ルノワール好きだったのに、ただのすけべなオヤジだったの!?ちょっとショックです。「ブランコ崇拝」。恋愛したい人はブランコに乗ろう!2016/03/09

カピバラ

24
わかりやすい、面白い!このシリーズ面白い(*'▽'*)2017/04/26

藤月はな(灯れ松明の火)

17
今回はセクシャルな面からの考察が多かったです。ギリシャについては高1に世界史の先生がプラトンの「饗宴」を「おじさんと少年が愛し合う本だ」と紹介していたことが今でも印象に残っています(笑)宗教画についても目から鱗です。ぎょっとすることもしばしばありましたが。紹介されていた漫画の「美術男子」が気になって仕方ありません。2012/02/22

さなごん

13
美術館に行ってみたくなるぞ。裏話がおもしろいなあ。人間ドラマが隠されている2014/11/29

ゆい

13
これだけで美術史の知識を入れてしまうと偏っちゃうけれど、まじめな本と並行してお勉強するには最高です!作家の人生までよく分かるので、どんな苦労をしていたのかどんな性癖があったのか笑、詳しく知ることができます。その後で作品を改めて見ると訴えかけてくるものが違う。私がまだあまり詳しくないダリやモディリアーニなどまで触れてあるのでよかった!2014/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4346695

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。