本多静六自伝 体験八十五年―東大教授にして大富豪、近代日本が生んだ最高の哲人が自ら綴った努力と奮闘の一代記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408395869
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0033

内容説明

人生即努力、努力即幸福―。明治・大正・昭和を見事に歩んだ痛快無比の人生から、いまを生きる私たちのなすべきことが見えてくる。

目次

1 少年時代
2 苦学時代
3 大学生活を語る
4 ドイツ留学
5 教授時代
6 私の家庭生活
7 人と事業
8 人生即努力、努力即幸福

著者等紹介

本多静六[ホンダセイロク]
1866(慶応2)年、埼玉県菖蒲町(当時は河原井村)生まれ。苦学の末、84(明治17)年に東京山林学校(のちの東京農科大学、現在の東大農学部)に入学。一度は落第するも猛勉強して首席で卒業。その後、ドイツに私費留学してミュンヘン大学で国家経済学博士号を得る。1892(明治25)年、東京農科大学の助教授となり、「4分の1天引き貯金」と1日1頁の原稿執筆を開始。1900年には教授に昇任し、研究生活のかたわら植林・造園・産業振興など多方面で活躍するだけでなく、独自の蓄財投資法と生活哲学を実践して莫大な財産を築く。1927(昭和2)年の定年退官を期に、全財産を匿名で寄付。その後も「人生即努力、努力即幸福」のモットーのもと、戦中戦後を通じて働学併進の簡素生活を続け、370冊余りの著作を残した。1952(昭和27)年1月、85歳で逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ceskepivo

6
「人生即努力、努力即幸福」をモットーに、苦学して東大教授となり、近代日本の指導者となった著者。多士済済との交友関係が興味深い。特に後藤新平。ドイツ語も分からないのにドイツに留学し、「身体を張った語学勉強、全生活を傾けた語学学習法」でドイツ語をマスターした。後に著者は後藤の依頼を受けて、帝都復興計画に協力。バルセロナの都市計画を参考にしたそうだ。また、職業を道楽化せよ、そのために迷わず、疑わず、専心に努力せよという教えは納得。2015/08/16

たか丸

1
読むことで、またひたむきに努力する気力が湧いてきました。 ■読む前の状態 人生にもがき苦しんでいて、何をしたらいいか、どうすれば抜け出せるのかわからなくなっていた。 ■学び - 人生を打開する方法はやはり『努力』でしかない。 - 幸福の基盤には『心身の健康』と『世間並みの暮らし』がある。 ■行動計画 - 『心身の健康』を『努力』で獲得する - 『世間並みの暮らし』を『努力』で獲得する2022/03/13

BMI-22

1
成功への近道:常に心を快活に持つ、専心その業に励む、功は人に譲り責は自ら負う、善を称し悪を問わず、好機はいやしくもこれを逸せぬこと、勤倹貯蓄、人事を尽くして天命を待つ。2017/07/29

けんち。

1
身の引き締まる本。2012/08/19

耳目之学(不定期更新中)

1
【再読】 「人生即ち努力 努力即ち幸福」 血の滲むような努力で人生を切り開いてきた秀才による自伝。この本を読むと、目標を達成し夢を叶えるためには努力が必要不可欠だと再確認させられる。 試練にぶち当たった時に読むと闘志が湧くこと間違いなし。目の前にそびえ立つ壁に怯んでいる人にお薦めの一冊。私の場合、勉強や課題をサボりたくなった時に著者の本をパラパラめくっています。すると、やる気が回復してきます。本当に努力した人の言葉は心に響くのですね。2010/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1017

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。