ユダヤ5000年の教え―世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408395517
  • NDC分類 159.8
  • Cコード C0036

内容説明

民主主義をつくりだしたのは?最初に義務教育を実施したのは?医学・裁判制度・福祉の基礎をつくったのは?みんな、ユダヤ人。本書は、ユダヤ人が五〇〇〇年にわたって蓄積してきた知恵を、集大成したものである。ユダヤ人の知恵を砥石として使って、能力を大いに磨いてほしい。

目次

なぜユダヤ人に成功者が多いのか
成功の法則
貧乏と金持
幸福と不幸
知識と知恵
賢者の言葉
恋愛と結婚
つきあい術
もっとユダヤ世界を理解するために

著者等紹介

トケイヤー,マービン[トケイヤー,マービン][Tokayer,Marvin]
1936年9月4日、ニューヨーク生まれ。1958年、同市イェシバ大学卒。1962年、ラビ(ユダヤ教の牧師)の資格を取得。1967年、東京広尾に日本ユダヤ教団設立。初代ラビに就任し、1976年まで活躍

加瀬英明[カセヒデアキ]
1936年東京生まれ。慶応大学経済学部中退。1967年『ブリタニカ国際大百科事典』初代編集長。現在は、外交評論家として国内外で、執筆、講演、映画製作など広く活躍
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ルル

10
賢いものほどよく笑う(*^^*)神は朗らかなるものを祝福する(*^^*)2016/05/21

菜花@ほのおかくとう協会門下生

7
すっごく面白かった。たまに心を撃ち抜かれて放心してしまうので、読むのに時間がかかりました。よく学び、よく笑って泣いて、傲ることなかれ、ということでしょうか。手元に置いて、何度でも読みたい。知識とかお金とか、なんか凝り固まった考え方しかできてないので、私もまだまだ頭が硬いなぁと思います。「他人に金銭的負担をかけることには神経質になるのに、待ち合わせには平気で遅刻する。これは時間よりお金のほうが大切にしている現れ」には、ハッとしました。時間をもっと大切にしたい、けどそこまで自分を律することができるだろうか…。2019/05/14

Yuka M

7
「タムルード」からの格言を引用しつつユダヤ人とは、ユダヤ教とはを解説。考えさせられる本であることは間違いない。2014/12/23

よみびとしらず

3
後書きだけでも読むべき良書。千年単位で続く宗教の教えは、何教だろうとある程度は真理を含む。役立たない教えは時代と共に「淘汰」されていくからだ。ユダヤ人は歴史の中であちこちから叩かれどつきまわされ、淘汰に淘汰を重ねた民族である。アホな者と運の悪い者から死んでいくので、教育を旨とし、口を慎み、中庸をよしとする金言が沢山生まれた。頭のいい人が多いのも納得である。全てを肯定するわけではないが、磨かれた水のような教えは、日本社会にも馴染みがよいのではないだろうか。欲を言えば、もっと若くに出会いたかった。2016/09/29

かずぴー

3
ユダヤ教にはしてはいけないことがある、そして幾度となく文明の危機を乗り越えてきた。誓約と絶滅の危機の相乗効果が起こったのなら、優秀な人が多いのも納得できる。これを参考に私も死の危機を感じてみよう、断食とか…。2014/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/117238

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。