• ポイントキャンペーン

完全燃焼―闘将日記完結編

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 110p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408395463
  • NDC分類 783.7

内容説明

勇退会見では語り尽くせなかった苦悩と本音を、いまはじめて明かす!独占掲載の「勇退特別手記」と球史に残る日本シリーズの「闘将日記」も収録した、優勝監督からファンへの、感謝を込めた贈りもの。

目次

9月 相手はダイエー、チャレンジャーの気持ちで(9月16日(火)ウイニング・ボールを忘れとった!
9月17日(水)サードコーチをやろうと思ったが…
9月18日(木)優勝チームに消化試合はない!
9月19日(金)優勝してもまた伸びようとするチーム
9月20日(土)見ていくのは「いま」と「この先」だけや ほか)
10月 球史に残る日本シリーズを(10月1日(水)「モチベーション」の高揚が先だ
10月2日(木)いまはいいことばかり考えている
10月3日(金)明日は王さんとご対面か?
10月4日(土)アバウトなところをお見せしてしまった
10月5日(日)ジョージよ、ネバーサレンダーや ほか)

著者紹介

星野仙一[ホシノセンイチ]
1947(昭和22)年1月22日、岡山県倉敷市生まれ。倉敷商業高校から明治大学政経学部へ進学。69年、卒業と同時に中日ドラゴンズへドラフト1位で入団。82年に現役を退くまでの14年間で公式戦500試合に登板、通算146勝121敗34セーブ、防御率3.60の成績をあげる。74年には沢村賞・最多セーブ賞受賞、75年には最優秀勝率投手に輝いた。1986(昭和61)年、中日ドラゴンズの監督として契約を結び、87年シーズンから5シーズンにわたって指揮、88年にはセ・リーグ優勝を果たす。91年に退団して野球評論家として活躍したのち、96年には中日ドラゴンズ監督に復帰、2001年までの6シーズン指揮を執り、99年には再びセ・リーグを制覇した。2002(平成14)年、阪神タイガース監督に就任、翌03年には阪神を18年ぶりのリーグ優勝に導き、日本シリーズ終了直後に勇退した。今後はオーナー付シニア・ディレクターとして、球団と球界の発展に尽くしていく