• ポイントキャンペーン

だれかのことを強く思ってみたかった

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408395067
  • NDC分類 914.6

内容説明

「私たちはどのくらいの強度でここに立っているのか」。16篇の短編小説と厳選された約100点の写真が織りなす「東京」をめぐるコラボレーション。なにげない日常風景、空虚な生活をたんたんと描写する小説との連続に、心の奥底にしまったはずの“記憶”が熱を帯びて甦ってくる。

著者紹介

角田光代[カクタミツヨ]
作家。1967年神奈川県生まれ。早稲田大学文学部卒。1990年「幸福な遊戯」で海燕新人賞を受賞してデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』(ベネッセ)で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』(河出書房新社)で坪田譲治文学賞、『キッド・ナップ・ツアー』(理論社)で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞受賞

佐内正史[サナイマサフミ]
写真家。1968年静岡県生まれ。1995年キャノン写真新世紀優秀賞受賞。97年に初の作品集『生きている』(青幻舎)を発表、濃密な空気感を捉えた作品は写真界に深い衝撃を与える。広告や音楽誌を中心に活動。若手写真家としては異例のペースでコンスタントに作品集を出版