• ポイントキャンペーン

指揮者の仕事―朝比奈隆の交響楽談

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408394879
  • NDC分類 762.1

内容説明

明治、大正、昭和、平成の時代を貫き、オーケストラと共に九十三年の生涯を歩んだ不世出の巨匠が、指揮、音楽、生き方の真髄を、愉しくも真摯に語った、とびきりの芸談集。

目次

1 朝比奈隆の音楽ばなし(音楽の楽しみ方、楽しませ方;指揮者の仕事 ほか)
2 私の歩んだ九十三年(私の歩み、N響の歩み;大阪フィルとの半世紀;ブルックナーの世界;『第九』を語る;芸は七十から・対談 桂米朝・朝比奈隆;吹き流されるような半世紀)

著者紹介

朝比奈隆[アサヒナタカシ]
1908(明治41)年7月9日、東京生まれ。京都帝国大学法学部および文学部哲学科卒業。エマヌエル・メッテルに音楽を学ぶ。1936(昭和11)年、大阪ではじめて指揮台に立ち、1940年には新交響楽団(現・NHK交響楽団)を指揮して東京デビュー。大阪中央放送局の指揮者を経て、戦時中は上海交響楽団、ハルビン交響楽団など主に中国大陸で活躍。帰国後の1947(昭和22)年、関西交響楽団を創設。1960年には大阪フィルハーモニー交響楽団に改組し、半世紀以上にわたって常任指揮者・音楽総監督をつとめた。国内はもとより、ベルリン・フィル、シカゴ交響楽団など海外の70近いオーケストラにも客演。1994(平成6)年、文化勲章受章。ベートーヴェン「第9」指揮251回、ブルックナー交響曲指揮197回など、かずかずの大記録と忘れがたい名演を残して、2001(平成13)年12月29日死去。享年93歳。没後、従三位に叙せられる